コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > リサイクル > 「雑がみ」も分別でリサイクル!

「雑がみ」も分別でリサイクル!

更新日:2018年3月26日

「雑がみ」の出し方が簡単になりました。

雑がみとは

「新聞・折込チラシ」、「段ボール」、「雑誌」、「紙パック」以外の資源化(リサイクル)が可能な紙類のことです。
  
これまでの資源ごみの「紙製容器・包装紙・紙袋」にリサイクル可能な紙類を加え、「雑がみ」として、4月1日から紙袋に入れて簡単に出せるようになりました。(分別に迷う紙類は燃やせるごみに出してください。)

「雑がみ」(リサイクルできる紙)の例

・ティッシュペーパーの箱(ビニールは取り除いてください)
・菓子箱
・紙箱
・台紙
・広報誌
・広告
・パンフレット
・カタログ
・ポスター
・各種包装紙
・カレンダー(留め具は外してください) 
・ノート類
・コピー用紙
・メモ用紙
・画用紙
・色紙
・折紙
・ラップやトイレットペーパーの芯
・はがき、封筒(窓付の場合は、セロハンを除く)
・ダイレクトメール(個人情報に関するものは燃やせるごみに出してください)
・ビールやジュースなどの紙ケース

段ボールと紙製容器(厚紙等)の区別について

●紙製容器(厚紙)
 例)菓子箱、ティッシュペーパの箱、紙製仕出し弁当容器など
    

●段ボール(断面が波型のあるもの)
 例)段ボール箱、栄養ドリンク剤の箱など
   

「雑がみ」の出し方

紙袋に雑がみがいっぱいになったら、ちらばらないように、紙ひも、紙テープ、ホチキスで口をとめてください。
資源ごみの日に出してください。
●紙袋の取っ手がビニールやプラスチックの場合は取りはずしてください。
分別に迷う紙類は、燃やせるごみに出してください。

 紙袋がない場合

●紙袋がない場合は、新聞紙やカレンダーなどで簡単に雑がみ用の袋が作れますのでご利用してください。
 
 ♦紙袋の作り方
  
    2つに折る            底と合わせ目の2辺を、中の
                      雑がみがこぼれないように紙
                      テープかホチキスでとめる
                       
   

   
●詳細については、下記関連ファイルの「雑がみの出し方について」を参照してください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 廃棄物対策課 廃棄物対策係
電話番号:0226-22-9680

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?