コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > くらし・手続き > 住まい > 団地 > 防災集団移転団地の空き区画を分譲します

防災集団移転団地の空き区画を分譲します

更新日:2018年5月31日

住宅再建方法の意向変化などに伴い,各団地内で空き区画が生じています。これまで空き区画の分譲を進めてきていますが,今回,新たに九条地区を追加し,取得希望の方を募集します。(災害危険区域内で被災され,住宅再建をしていない方は賃貸も選択できます)。

 募集対象地区

(詳細は下部「区画配置図」をご覧ください)

NO.

地区名

区画数

小学校区

土地面積

分譲予定価格

1

九条地区[新規】

1

九条小

約239平方メートル

6,664,000円

2

鮪立地区

1

唐桑小

約329平方メートル

3,101,000円

3

大谷第2
(前浜)地区

1

大谷小

約329平方メートル

2,722,000円

4

小泉町地区

14

小泉小

約302平方メートル
~353平方メートル

2,141,000円
~2,398,000円

 ●NO.2,3,4の地区については,申し込み順に区画を決定し,随時引渡しを行っています。

募集対象者

第一順位:市内の災害危険区域内で被災した方(従来の防集事業対象者,賃貸も選択可能)

第二順位:市内に居住し,国,県,市の復興等に伴う公共事業により,居住している建物から移転を余儀なくされた方又は事業用地になることが確実で,将来,移転が必要となる方

第三順位:市内の災害危険区域外で被災した方のうち,住宅再建をしていない方で,り災証明による被災状況で「大規模半壊以上」の被害を生じた方もしくは「半壊」の判定で住宅をやむを得ず解体した方

第四順位:市内に居住している個人  (被災の有無は問わず)

第五順位:市内に本店を有する住宅関係業者等(   〃   )

第六順位:市外に居住している個人     (   〃   )

第七順位:市外に本店を有する住宅関係業者等(   〃   )

土地の利用条件

  1. 居住用住宅敷地として使用すること
  2. 土地の売買が決定されてから,1年以内に土地売買仮契約を締結すること
  3. 土地売買契約成立後,1年以内に建築業者と建築請負契約を締結すること

●不正利用等を防止するため,買戻し特約を登記することに同意していただく場合があります

申込みに必要な書類

  1. 申込書
  2. り災証明書 (被災していない方は不要です)
  3. 戸籍謄本などの写し (申込者と入居世帯が異なる場合)

申込受付・相談窓口

  1. 受付期間  平成30年6月1日から平成30年6月29日(土日祝日を除く平日)
  2. 受付時間  午前9時から午後4時まで
  3. 受付場所  市役所本庁舎東側プレハブ 建設部住宅支援課 
  4. 抽  選    一つの区画に複数の申込みがあった場合は,募集対象者の上位順位の方が優先されます。同順位の場合は後日抽選を行います。

補助制度    

条件によっては各種補助制度を利用できる場合がございますので,詳しくはお問い合わせください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

建設部住宅支援課
防災集団移転係:内線489、594

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?