コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > 県指定文化財-建造物・彫刻・絵画

県指定文化財-建造物・彫刻・絵画

更新日:2019年10月25日

補陀寺六角堂(文化財一覧 No.5)

  • 読み方 ホダジロッカクドウ補陀寺六角堂
  • 指定日 昭和44年8月29日
  • 所在地 古町二丁目 (外部サイトにリンクします)
  • 管理者 補陀寺
  • 分類  建造物

補陀寺は現在曹洞宗であるが、古くは天台宗であった。平安末期に名取熊野神社を勧進したと伝えられる伝説上の人物名取老女が奥州を巡礼して創建した33か所の観音堂の一つといわれている。平面は珍しい六角形で、一辺の長さは2.69メートル、高さ8.26メートル。屋根は六角錐体、赤瓦葺(元こけら葺)。内外部は朱塗りで天井に龍の墨絵を描く。軒を支える組物や屋根組みの構造など技巧を要する建築物である。堂内の須弥壇上には入母屋造で、千鳥破風、軒唐破風をつけたこけら葺の家形厨子がある。堂の扁額は、仙台藩瑞鳳寺の南山古梁禅師の筆による。宝暦12(1762)年の建築で、享和2(1802)年に修理したとの文書がある。気仙大工の作といわれ、江戸時代中期の寺社建築として貴重である。

観音寺観音堂厨子(文化財一覧 No.6)

  • 読み方 カンノンジカンノンドウズシ観音寺観音堂厨子
  • 指定日 昭和44年8月29日
  • 所在地 本町一丁目 (外部サイトにリンクします)
  • 管理者 観音寺
  • 分類  建造物

観音寺は天台宗の古刹である。観音堂は享保8(1723)年の建築で、仙台藩五代藩主伊達吉村公が、本吉地方を巡視した際、観音寺に立ち寄り、堂宇建立のため本吉郡内から寄附を集めるのを許可し建築させたといわれている。建物の構造は、縦(最長部)150センチメートル、横(最長部)226センチメートル、高さ228センチメートルで、平面は「凸」字形で4室からなり、欅素木造の見事な家形厨子である。厨子には前仏、その奥に秘仏、その左右に脇仏とそれぞれ観音像を納める。前仏の部分は入母屋造こけら葺で、軒唐破風をつける。軒には波形の尾垂木や複雑な斗栱など組物がめぐり、懸魚、獅子頭、龍身など極めて繊細で、黒漆を主調とし金色や朱色などを取り混ぜた彩色でまことに華麗である。京都の仏師の作という。

木造阿弥陀如来坐像(文化財一覧 No.7)

  • 読み方 モクゾウアミダニョライザゾウ
  • 指定日 昭和31年3月12日 
  • 所在地 本町一丁目 (外部サイトにリンクします)
  • 管理者 観音寺
  • 分類  彫刻

上品下生の印を結んだ来迎阿弥陀で、小像ではあるが端正な坐像で、観音寺本堂にある。寄木造内刳で、高さ41.8センチメートル。頭部の螺髪は刻みつけてあり、顔は明るくやさしい表情で、平安末期の平泉文化圏でつくられたものと思われる。もと東磐井郡折壁(現・一関市室根町折壁)の室根山関係の観音堂にあったものという。平泉中尊寺金色堂の清衡壇、基衡壇の阿弥陀はいわゆる上品上生の阿弥陀で、秀衡壇の阿弥陀は上品下生につくられており、当時の信仰や推移を知るうえで貴重である。

仏涅槃図(文化財一覧 No.8)

仏涅槃図

  • 読み方 ブツネハンズ
  • 指定日 昭和30年11月16日
  • 所在地 本吉町津谷舘岡 (外部サイトにリンクします)
  • 管理者 峰仙寺
  • 分類  絵画

釈迦が沙羅双樹の下で入寂するのを知って、涅槃の床を囲んで集った菩薩や弟子、国王をはじめ各階級の人や畜類が、泣き悲しむという古くからある涅槃図相。描線に金泥や切金文様を用い絹地に描いた大巻軸で、室町時代の京都・奈良の絵仏師の作。天文8(1539)年に当寺の四世陽山が京都で求め、慶長2(1597)年以来4度の表装改修をした記録が旧巻軸に記されている。毎年1月15日の涅槃会で公開される。

釈迦十六善神像図(文化財一覧 No.9)

釈迦十六善神像図

  • 読み方 シャカジュウロクゼンシンゾウズ
  • 指定日 平成元年1月31日
  • 所在地 本吉町津谷舘岡 (外部サイトにリンクします)
  • 管理者 峰仙寺
  • 分類  絵画

十六善神像図は、釈迦三尊と玄奘三蔵、深沙大将に、提頭羅陀などの十六善神を配した図様で、大般若会の本尊として用いられている。宮城県内にある「釈迦十六善神像」の中でも最古の例で、当寺所蔵の「仏涅槃図」とともに、天文8(1539)年に四世陽山が京都で求めたものと伝えられている。絹本著色の絹地に切金、金泥、朱、黄土、群青、緑青、墨を巧みに組合わせる手法によって、金色の釈迦三尊仏とこれを取巻く玄奘、善神像、獅子を多彩に描き出した画面は、厳粛でいて明快な世界を創り上げ、室町期仏教絵画の特色を良く伝えている。

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 文化振興係
電話番号:0226-22-3442
内線番号:123,124

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?