コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > 全国大会へ出場する面瀬バレーボールスポーツ少年団が市長を表敬訪問しました

全国大会へ出場する面瀬バレーボールスポーツ少年団が市長を表敬訪問しました

更新日:2019年8月15日

  6月に行われました「第39回 全日本バレーボール小学生大会宮城県決勝大会」において、各地での予選を勝ち上がった強豪チームを破り、見事に初優勝を果たした面瀬バレーボールスポーツ少年団の皆さんが、県大会の優勝報告とともに、8月6日から9日まで、神奈川県川崎市を中心に開催される「かんぽ生命ドリームカップ 第39回全日本バレーボール小学生大会 全国大会」への出場報告のため市役所を訪れました。

 千葉監督からは、「創設35年目にして初の全国大会への出場を果たすことができました。小柄な選手が多いですが、県大会ではレシーブ力、チーム力そして仲の良さを武器にして、一つ一つ勝ちを積み重ねることができました。
 これまで支えていただいた地域の皆さんに恩返しできるよう、全国大会で戦いたいです」と話してくださいました。

  選手を代表して、キャプテンの小山 颯葵(おやま さつき)さんからは、「初めての全国大会で緊張することもあると思いますが、監督、コーチ、団長から教えてもらったことを発揮し、みんなと助け合いながら楽しくバレーをしたいです。
 目標は初戦で勝利しテンポをつかみ、ベスト8に入りたいです。応援よろしくお願いします!」と全国大会へ向けての意気込みを力強く話してくださいました。

  菅原市長からは、「これまで35年間継続して頑張ってきたことに敬意を表するとともに、歴史に残るチームとなったのだと思います。ここまで導いてきた指導者の方々にも感謝申し上げます。
 全国大会へは誇りと自信を持ち、練習してきた皆さんのバレーを思う存分展開し、決してあきらめないで戦ってきてください。
 面瀬という名前を全国に広めるよう頑張ってください」と激励しました。

大会結果

予選1日目 0勝2敗

面瀬0-2夢クラブ(兵庫県代表)
面瀬1-2Wink(茨城県代表)

予選2日目  2勝0敗

面瀬2-1群馬大和(群馬県代表)
面瀬2-0明保(栃木県代表)

準々決勝進出戦

面瀬0-2小布施(長野県代表)

目標のベスト8には届きませんでしたが、初の全国大会出場でベスト16という成績を収めました。

  • IMG_9051.JPGの画像

    面瀬バレーボールスポーツ少年団の皆さん

  • DSC_0125.JPGの画像

    小山キャプテン

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 体育振興係
電話番号:0226-22-3442
内線番号:125

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?