コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > パラ陸上 齋藤 由希子選手が市長を表敬訪問

パラ陸上 齋藤 由希子選手が市長を表敬訪問

更新日:2019年2月4日

 

 12月3日に、10月に開催されたインドネシア2018アジアパラ競技大会へ日本代表として出場した齋藤 由希子選手が、大会の出場報告のため市役所を訪れました。

 菅原市長から、アジアパラ競技大会での活躍に対しねぎらいの気持ちを伝えるとともに、2020東京パラリンピックに向けて激励しました。

 齋藤選手からは、アジアパラ競技大会での様子や、2020東京パラリンピックへ向けての思いなどをお聞きしました。

 

インドネシア2018アジアパラ競技大会について

【齋藤選手】
 アジアパラ大会では、やり投競技に出場しました。

 今大会出場選手の中では、世界ランキング最上位ということもあり、優勝を目指し大会に臨みました。

 競技では6回の投てきのうち5回がファールとなり、ラストの6投目で記録を残すことができましたが、自己記録へは及ばない27.68mという記録で5位となり、悔しい思いで大会を終えました。

 精神的な弱さを痛感する大会となりましたが、これを糧として今後開催される大会に向けトレーニングに励み、東京2020パラリンピックの出場枠がかかる来年11月の世界選手権へとつなげていきたいです。

 

東京2020パラリンピックへの思い

【齋藤選手】
 リオパラリンピックの代表権を逃した後は、競技を観ることもできず、しばらくの間トレーニングにも取り組むことができませんでしたが、2020年に東京でパラリンピックが開催されることがモチベーションとなり、トレーニングを再開するきっかけとなりました。

 それまでは、パラリンピックを明確な目標として捉えてはいませんでしたが、リオパラリンピックの代表権を逃した悔しさから、自分のパラリンピック出場への思いが高まり、2020年東京パラリンピック出場が大きな目標となりました。

 これまでは、やり投と並行して砲丸投や円盤投のトレーニングも行っていましたが、現在は2020年東京パラリンピックで実施されるやり投のトレーニングに専念しています。 

 今の自分の力では、パラリンピックでのメダル獲得は難しいかもしれませんが、まずは、自分のもつ日本記録の更新とともに世界ランキングを上げ、東京2020パラリンピック出場を目指しトレーニングを重ねています。

 

気仙沼への思い

【齋藤選手】
 自分が東京2020パラリンピックに出場することで、気仙沼出身でこういう選手がいるということを多くの人に知ってもらい、少しでも気仙沼の方々に明るい話題を提供し、元気になってもらえればと考えています。 

 いつも気仙沼の方々から支えていただいていることを感じています。これからも応援よろしくお願いします!

 

齋藤 由希子選手 プロフィール

 SMBC日興証券株式会社 所属

 やり投(F46クラス)

 1993年生まれ、気仙沼市出身。生まれつき左腕の肘から先がなく、生後6カ月から義手をつける。
 中学から陸上部に入部、砲丸投を始める。健常者の大会で県内トップクラスの成績を残し、高校でも競技を続けていたが、2年生のとき東日本大震災に遭い、自宅が被災する。家族は無事だったが、避難所生活で満足な練習を行うことができず、高校最後のインターハイへの出場を逃した。
 陸上競技を続けるため仙台大へ進学後、2014年の仁川アジアパラ競技大会では、砲丸投と円盤投で金メダルを獲得。2016年、2017年も2年連続で世界大会優勝。2018年現在、砲丸投で世界記録、円盤投とやり投で日本記録を持つ。東京2020パラリンピックではやり投でメダルを狙う。
 結婚を機に活動拠点を福島県福島市に移し、夫でコーチの恭一氏のサポートを受けながら練習に励んでいる。

戦歴

2014年  アジアパラ競技大会 仁川       砲丸投 金/円盤投 金

2015年  世界パラ陸上競技選手権大会 ドーハ  やり投 6位

2016年  IPCグランプリ ドバイ        砲丸投 金/円盤投 金/やり投 銅

2017年  IPCグランプリ ドバイ        砲丸投 金/円盤投 金/やり投 銀

2017年  世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン やり投 5位

2018年  WPA北京グランプリ          やり投 金/円盤投 金/砲丸投 金


砲丸投 F46クラス 世界記録保持者(12m47)
円盤投 F46クラス 日本記録保持者(35m14)
やり投 F46クラス 日本記録保持者(32m91)

 

 

  • DSC_0650.JPGの画像

    様々な思いを語っていただきました(右:齋藤選手)

  • DSC_0653.JPGの画像

    中央:齋藤選手、左:菅原市長、右:市陸上競技協会 坂本会長

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 体育振興係
電話番号:0226-22-3442
内線番号:125

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?