コンテンツにジャンプ

トップページ > 年齢でさがす > 赤ちゃんが生まれたら > 認可保育所 > 保育を必要とする認定について

保育を必要とする認定について

更新日:2017年12月1日

保育所等の利用を希望する場合には、教育・保育を必要とする認定(教育標準時間認定・保育認定)を受ける必要があります。

教育標準時間認定・保育認定とは

 保育所やこども園,又は幼稚園へ入所(園)を希望する場合には,利用するための認定を受けていただく必要があります。認定区分は、年齢や利用希望によって3つに分かれますが、保育所の入所を希望する場合には,保護者のいずれもが「保育を必要とする事由」のいずれかに該当し、保育認定(2号・3号認定)を受けていただく必要があります。
 保育認定は,認定事由によって認定期間が異なり、保護者の就労状況等によって,保育の必要量として「保育標準時間」と「保育短時間」に区分されます。
 認定期間を過ぎた場合には、保育所の入所ができませんのでご注意ください。
 認定申請は、入所申込と同時に行っていただきます。
 なお、小規模保育所への入所を希望する際にも、認可保育所に準じて保育認定を受けていただく必要があります。

1号認定(教育標準時間認定)

対象

満3歳以上で幼稚園等での教育を希望する場合

利用できる施設

幼稚園
認定こども園(幼稚園部門)

2号認定(保育認定)

対象

満3歳以上で「保育を必要とする事由」に該当し、保育所での保育を希望する場合

利用できる施設

保育所
認定こども園(保育部門)

3号認定(保育認定)

対象

満3歳未満で「保育を必要とする事由」に該当し、保育所での保育を希望する場合

利用できる施設

保育所
認定こども園(保育部門)
地域型保育事業

保育認定には、次の「保育を必要とする事由」のいずれかに該当することが必要です

  1. 就労
  2. 妊娠、出産
  3. 保護者の疾病や障害
  4. 同居または長期入院等をしている親族の介護・看病
  5. 災害復旧
  6. 求職活動
  7. 就学
  8. 育児休業取得時に既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要なこと
  9. その他1から8に類する状態として市が認める場合

注:入所申し込みの状況によっては、第1希望の施設に入所できない場合もあります。
注:認定申請に必要な書類等については、下記までお問い合わせください

お問い合わせは

保健福祉部子ども家庭課 育成支援係
電話番号:0226-22-6600(内線443・445)

このページに関する問い合わせ先

保健福祉部 子ども家庭課 育成支援係
電話番号:0226-22-6600
内線番号:441,442,443,445

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?