コンテンツにジャンプ

トップページ > 子育てを応援します > いろいろな相談機関 > 児童虐待とは

児童虐待とは

更新日:2019年8月19日

子どもへの虐待は子どもの「人権」と「生命」に関わる深刻な問題です。         
「虐待かな?」と思ったら、児童相談所や市の相談窓口にご連絡ください。連絡した方の個人情報は守られます。

児童虐待とは

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、戸外にしめ出す など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)など

保護者が「しつけ」という理由で行っている行為でも、子どもに著しい苦痛を与えたり、子どもの成長に悪影響を与える場合は「虐待」にあたります。
「しつけ」か「虐待」かの判断は、子どもの視点・立場で考えます。

児童虐待の背景には、保護者がひとりでは解決することが難しいさまざまな問題(育児や子どもの発達についての悩みや不安、周囲から孤立した環境、親自身が虐待の経験がある など)が重なり合っている場合があります。

虐待を早期に発見するためには、ちょっとしたサインを見逃さず、相談機関につなぐことが大切です。

地域の中で、子育て親子への「声かけ」や「会話」が保護者方の力になります。みんなで子育て家庭を応援していきましょう。

虐待かもと思ったら

児童相談所全国共通ダイヤル189番(いちはやく)へ

平成27年7月1日から児童相談所全国共通ダイヤルが3桁の番号になりました。

出産や子育てに関する悩みや疑問がある方は、児童相談所、市町村へお気軽にご相談ください。

  • あの子、もしかしたら虐待を受けているのかしら
  • 子育てが辛くてつい子どもにあたってしまう
  • 近くに子育てに悩んでいる人がいる

こんなときには189番(いちはやく)へすぐお電話ください。
お近くの児童相談所につながります。

  • 連絡は匿名で行うことも可能です。連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。
  • 0570-064-000でもお近くの児童相談所につながります。通話料がかかります。

注:一部のIP電話からはつながりません。

子どもたちや子育てに悩む保護者のSOSの声をいちはやくキャッチ!

相談窓口

気仙沼市家庭児童相談(子ども家庭課)

  • 電話番号:0226-22-6600
  • 内線 435

宮城県東部児童相談所気仙沼支所

  • 電話番号:0226-21-1020

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?