コンテンツにジャンプ

トップページ > 年齢でさがす > 赤ちゃんが生まれたら > 届出・手続き > 児童手当

児童手当

更新日:2019年8月19日

中学校修了までの児童を養育している方に対して支給します。

支給月額(申請した翌月からの支給)

児童の年齢児童手当の額(1人当たりの月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

注)児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は,特例給付として月額一律5,000円
  を支給します。

  所得制限については,下記の所得制限限度額表をご覧ください。

  第3子以降とは,高校卒業まで(18歳の誕生日以後の最初の3月31日まで)の養育している児童
  のうち,3人目以降をいいます。

支給月

  • 6月(2月から5月分)
  • 10月(6月から9月分)
  • 2月(10月から1月分)

申請方法

申請方法

 出生等により児童が増えた方や,他市町村から転入した方は出生日や転出予定日の翌日から数えて

15日以内に申請すれば,翌月分からの手当てが支給されます。

 申請が遅れますと,遅れた月分の手当が受給できなくなる場合があります。

公務員の方は,勤務先での申請となりますので,勤務先の担当部署へお問い合わせください。

申請に必要なもの

  1. 認定請求書
  2. 申請者及び配偶者の「マイナンバーカード」もしくは「個人番号通知カード」および「運転免許証」等(申請者のみ) 注:気仙沼市の課税資料やマイナンバー制度による情報連携で所得状況を確認できない時は、住民税課税(非課税)証明書の提出が必要になる場合があります。
  3. 申請者本人の健康保険証の写し
    注)国民年金に加入している方は必要ありません。
  4. 印鑑(スタンプ式浸透印以外)
  5. 振込先金融機関口座の写し(預金通帳やカード等)
  6. その他,別途書類の提出が必要になる場合があります。

  上記以外でも手続きが必要な場合があります。

届出および手続き一覧

 届出を必要とするとき届出の種類
1 新たに受給資格が生じたとき 認定請求書(PDF:129KB)
2 毎年6月(すべての受給者) 現況届
3 出生等により児童が増えたとき 額改定認定請求書(PDF:121KB)
4 児童を養育しなくなったとき 受給事由消滅届または額改定届
5 受給者が他の市町村に転出したとき                           受給事由消滅届(転出先では認定請求書)
6 受給者と児童が別居したとき 別居監護申立書または受給事由消滅届
7 受給者が公務員となったとき 受給事由消滅届

所得制限限度額表

所得制限限度額表

扶養親族等の数所得制限限度額(万円)収入額の目安(万円)
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1002.1万円
5人 812.0万円 1042.1万円

注)収入額の目安は,給与収入のみで計算していますので,ご注意ください。

現況届

現況届は,毎年6月1日の状況を把握し,6月分以降の児童手当を引き続き受給する要件を満たしているか を確認するためのものです。

手続きが必要な方には,案内をお送りしますので,受付期間中に忘れずに手続きをしてください。

現況届の提出がない場合は,6月分以降の手当が受給できなくなりますので,ご注意ください。

現況届に必要な書類

請求者が被用者(会社員など)の場合 健康保険証の写しなど

その年の1月1日に気仙沼市に住民登録がなかった方は、現況届の「本年1月1日時点の住所」欄にそのときの住所を記入してください。受給者と配偶者の所得確認が必要になります。

この他にも必要に応じて提出していただく書類があります。

 

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

保健福祉部 子ども家庭課 児童福祉係
電話番号:0226-22-6600
内線番号:441,442,435

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?