コンテンツにジャンプ

トップページ > 市の紹介・市政情報 > ふるさと納税 > 皆さまからのメッセージ > 皆さまからのメッセージ(平成23年度)

皆さまからのメッセージ(平成23年度)

更新日:2019年8月14日

平成23年4月

  • 今回の東北関東大震災では、気仙沼市が潰滅的な打撃をうけたことを深くお見舞い申し上げます。私は傘寿になり、しがない年金生活者ですが、幾分でも復興に役立てばと思いました。
  • 震災心からお見舞い申し上げます。今年の6月第2土・日で大島へおいしいウニをたべにと…。残念です。いつの日かもう一度訪ねたいと思います。海のない県から一日も早い復興を…。お体に気をつけて…。
  • 復興の費用に役立てください。
  • 物産品希望票も記入しましたが、災害が安定するまでは送らなくても良いです。金額も少額で申し訳ありません。
  • ご多忙のところ僅かな金額で大変恐縮です。被災された方々のご健康と御市のご復興を心よりお祈り申し上げます。
  • 一日も早く復興できますよう願っています。僅かな金額で申し訳ないですが、応援しています。
  • 少額ですが、復興のため頑張ってください!
  • 震災の復興にお役立てください。
  • 頑張ってください。
  • 昨年気仙沼に旅行し、とてもきれいな所でした。テレビで悲惨が情況をみ胸が痛みます。一日も早く復興を祈っております。
  • 田老ほか、三陸は39年前の新婚旅行地でした。皆さんのご心痛と頑張りに敬服して居ります。わずかですが、応援させてください。
  • 皆さんの復興と多くの笑顔が増えるよう微力ながら応援させていただきたいと思います。
  • 大変困難な状況だと思いますが、一歩一歩前進してください。
  • 震災におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。とともに、一日も早い復興を心底よりお祈り申し上げます。
  • 一日も早い復興をお祈りいたしております。
  • 震災復興がんばってください。
  • 私にできることは僅かですが、ずっと応援していきます。復興して気仙沼のみなさんが普段の生活に戻れたら、以前のように美味しい魚貝類を関東地方へ届けてください。待っています。
  • 地震災害に使ってください。
  • 被災された方々へ。くれぐれも頑張り過ぎることなく、体と心を休めながら、復興の道のりを乗り切っていただきたく切望いたします。
  • 嫁のふる里気仙沼が一日でも早く復旧されますように!
  • 5年ほど前、2歳の息子と夫とともに気仙沼市を訪問したことがあります。美味しい海の幸と温かな人柄、そして漁港と美しい海の風景が印象的な町でした。今回の震災でその気仙沼市が地震、津波の甚大な被害を受けたことに大きなショックを受けています。心よりお見舞い申し上げます。僅かではありますが、復興のためにお使いいただければと思い、寄附をさせていただければと思います。いつの日かまた気仙沼市を訪問し、たくさんのお土産を買って帰ることを楽しみにしております。
  • 少ないですが頑張って。made by 東北製品 やサンマもいっぱい食ベルゾ!!ガンバレ!!
  • ふるさと納税として送金します。今後も継続していきますのでよろしくお願いいたします。
  • 復興住宅建設にご活用ください。一石二鳥になるよう、特に三陸地元の森林からの国産材、地元の大工さんや工務店の方々を活用してください。日本の森林を守り、国産材のみで住宅建設を行っている事業者(天然住宅さんなど)をブレインとして活用することを期待します。
  • 辛く、悲しい出来事で心を痛めています。皆が幸せな日々を迎えれるように祈っています。
  • わずかですが、お役立てください。
  • 一刻も早い普通の生活ができますように願っています。
  • 母の三十五日法要で集まったお金です。皆様の普通の生活が一日も早く来ますように。
  • このたびの大震災で被災された気仙沼市民の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。一日でも早く元の活気ある気仙沼に戻られますことを願い、お祈りいたしております。
  • 今回の災害で大変苦労されていると思います。がんばってください。
  • 震災の復興、復旧を切に願っています。
  • 復興にお役立てください。一電力社員として復興を願っています。
  • 少額ですが復興に役立ててください。
  • 災害後には各地に様々な災害の復興過程を振り返る記念館が建てられ、観光にも一役たつようになっています。岩手との県境である自治体だけに、両県、両地区が協力しあって勇気づけられる地域に再生してほしいと祈念しています。
  • 大震災お見舞い申し上げます。10数年前東北の紅葉を見に一週間旅行をしました。その最初の宿泊地が気仙沼の国民休暇村でした。そこで少しでも役にたてばと思い寄附させていただきます。
  • 私は、本吉町の小泉出身です。このたびの大震災に遭遇されました皆様方にお見舞いと哀悼の意を表明し心よりご冥福をお祈りいたします。少額ですが、故郷の復旧、復興の一助になりましたら幸いです。
  • 転職を機に宮城、岩手を周遊しましたが、唐桑半島や松島の美しさは、今でも思い出します。復興、頑張ってください。
  • 一刻も早い街の復興、医療体制の再整備をご祈念いたします。
  • 災害に負けず、再建することに頑張ってください。
  • 本当に大変な災害ですが希望を持ってください。僅かですが応援します。
  • 一日も早い復興を祈っております。
  • 過去に二度気仙沼を訪れ、その際、海鮮物をいただきました。また、おいしい魚貝を食べ、海でも潜ってみたいと思います。

平成23年5月

  • 東日本大震災、心よりお見舞い申し上げます。離れた東京からですが、一日も早い復興と市民の皆様の安定した生活を取りもどせるよう願っております。
  • 市民の皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。気仙沼港が一日も早く復活することが、東北地方が元気につながると思い祈っています。約10年前気仙沼港の人に親切にしていただき(観光で行きましたが)少しでも…の気持ちでお送りします。70歳年金生活にて大きな力にはなれません…。
  • 気仙沼市には、日ごろより大変お世話になっている遠洋鰹鮪漁業の関係者、学生時代の友人が多数おります。今回の被災された方々に対して心からお悔やみ申し上げますとともに、私の地元宮城県及び気仙沼市を始めとした我が国の農林水産業の今後の復興を祈念し、僅かばかりでありますが、ふるさと納税制度による気仙沼市への寄附をいたします。
  • 心は一つ!応援しています!
  • 一日も早い復興を願っております。
  • 少ないですが、町作りに役立ててください。
  • 震災からの復興にがんばってください。
  • 被災の様子をTVで観るたび、心が痛みます。松岩小・中学校の同級生の皆さんがどうしておられるかも心配です。遠くから、ふるさと気仙沼の復興を祈っております。
  • 震災時、テレビ放映された街中が火の海になっているシーンが今でも記憶に残っています。ささやかな額ですが、少しでも復興のお役にたてればと思います。
  • 震災の被害復興のためにお役立てください。
  • 少しでも、お役に立てれば良いのですが。
  • 少しですが、お役立てください。
  • 東日本震災に被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。気仙沼の一日も早い漁業の復興を望んでいます。この寄附がすこしでも、お役に立てば幸いです。
  • 僅かですが、復興の一部に充ててください。
  • 港の復興を新聞でみました。早い再開をお祈りいたします。
  • 水産系新聞社に勤める友人に「気仙沼を応援して」と言われました。
  • 毎年1・2回気仙沼に行っています。今回5月連休にも行ってきました。あまりの大津波で大変だったと思います。少しですが、街が元気になるように応援します。
  • 気仙沼の皆様のご健康と一日も早い復興をお祈り申し上げております。
  • 復興までの道のりは容易ではありませんが、少しでもお役に立てればと思います。
  • 私と同じ名前の地区の方々が気苦労なさっているようなので、少しの金額ですが、その方々のお役に立っていただければ幸いです。
  • このたびの大震災、心よりお見舞い申し上げます。ニュースを見るたび、心が痛みます。一日も早い復興をお祈りします。
  • 神戸から気仙沼、特に漁場の復旧・復興を応援しています。

平成23年6月

  • 早期、復興を願っております。
  • 本当に少ないですが、気仙沼市の復興にお役立ていただければ幸いです。4月にボランティアに参加しましたが、復興は長くかかると思いました。自分は、ボランティアか寄附金を出すしかできませんが、気仙沼が復興するまで応援しますので、これからもいろいろとよろしくお願いします。
  • 昨年、妻と気仙沼へ旅行をしました。少しですが、復興に役立てていただきたいと思います。
  • 放射能汚染で本年の秋刀魚漁を危惧しておりますが、一日も早く、美味しい魚が食べられるよう願っております。
  • 気仙沼の飲み屋さんで、下戸にも関わらず2時間近く居座って食べた魚介類の美味しさは忘れられません。10年後にまた食べに行きますね。少しですが準備にお使いください。
  • 応援しています!
  • 復興を頑張ってください。ふるさとの再生を期待しております。
  • 被災者の方々への衛生・福祉の向上に役立てていただきたいと思いますが、復興全般に関わるものであれば、どのような使途でも良いです。一日も早い御市の復興をお祈りいたします。妻の祖母が御市でお世話になっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 祖母が住んでいますが、震災の発生したときには他の皆様のおかげで無事避難することができました。本当にありがとうございます。少額でお恥ずかしいのですが、何かのお役に立てればと思います。
  • 復興に向けて、がんばってください。
  • このたびの大震災、心よりお見舞い申し上げます。沢山の思い出が詰まった気仙沼市は第3のふるさとです。今後の復旧・復興を応援しております。
  • 気仙沼ちゃんの震災後の様子を新聞で見ました。東北には縁故者はいない我家です。同年代の彼女の姿に、少しばかりですが「応援したい」と考えました。復興まで東北の応援をしてまいります。
  • 力不足ですが応援しています。
  • 東日本大震災被害をのりこえようと頑張っておられる皆さんを応援しています。
  • 東日本大震災で大きな被害からの復興を遠くからでも応援し続けたい気持ちです。活気ある街づくりの様子が伝わってほしいです。
  • 知り合いのご家族が気仙沼にお住まいで、彼女を含め少しでも気仙沼の皆さんが笑顔で過ごせる時ができてきますよう、心よりお祈りしてます。
  • 気仙沼の市民の皆さんが一日も早く安心して暮らせるようになりますよう、祈っております。
  • 私は実家が愛媛県八幡浜市です。「港町ブルース」で歌われている町同志、他人事とは思えません。一日も早い復興をお祈りしております。
  • 東日本大震災でお亡くなりになられた方のご冥福と、被災された方にお見舞い申し上げます。6月12日のTBS朝版の中の「おだつなよ。まけてたまるか 気仙沼」のTシャツには感銘しました。私の甥のお嫁さんのおばあさまがそちらで被災され気仙沼に決めました。東北人の粘りで焦らず、ゆっくりと復旧、発展を祈ります。
  • 水産業の復興に注力してください。とにかく、長い時間が必要と思います。上手に休まれながら、勤めてください。ご幸運をお祈り申し上げます。
  • 復興の日の笑顔を楽しみにしています。
  • がんばってください。
  • 大震災の復興に役立ててください。
  • 実家が本吉町です。毎年、気仙沼おさかなセンター、大島など行きますが、今年はどのように変わってしまったのか心配です。
  • 地元から遠く離れている身として、僅かではありますが、役立てていただければ幸いです。震災以前の生活に戻るには、長い年月を要すると思いますので、こんな時だからこそ、家族といる時間である休みをしっかり取りつつ、日々を重ねていってもらえたらと思っています。
  • 微力ではありますが、復興のお役に立てればと思います。
  • 5月末に気仙沼市にボランティアに行き、とりあえずお金が必要なことを痛感しました。気仙沼のみなさんを長く応援していけたらと思います。
  • 復興まで時間がかかると思いますが、頑張ってください。
  • このたびの震災で被害に合われた方々に深くお見舞い申し上げます。気仙沼市には昔住んでいて、とてもお世話になりました。微々たる金額ではありますが、復興の手助けになればと思います。
  • 衛生環境が良くないと聞きました。少しでもお役に立てればと思います。
  • 家族で毎朝、おいしい「めかぶ」をいただいていました。少ないですが、復興の力となりたく思います。
  • 復興まで長い歳月がかかると思いますが、一歩一歩進まれることをお祈り申し上げます。引き続き応援させていただきます。
  • 震災で大変な事となっているかと思います。被災者のための行政活動の一部にでもなれば良いかと思います。まだまだ大変だと思いますが頑張ってください。
  • 家族旅行で東北一周した折、気仙沼のキャンプ場で一泊しました。山の上から眺めた気仙沼湾の漁火がきれいでした。一日も早い復興を祈っております。
  • 人、仕事、住み家、土地など多くを失って苦しい生活が続いているはずですが、ニュース(報道)を見て、缶づめ工場の社長は(借金)負債をかかえても解雇しない決断に感心しました。また、船が津波で陸にうちあげられ、海へ戻すにも大金が必要だし、修理や造ることもできず、漁をできても製氷所、加工所がなければ漁業が成り立たないことを知りました。気仙沼市を(回復)元気づけられたらなと思います。震災前の日常になるようお祈りいたします。
  • 大変な状況だと思いますが、一日も早く、気仙沼市が世界に誇れる国際水産文化都市として、復興することを祈っております。(気仙沼魚市場の再開、お祝いします!!)
  • 昨年まで貴市にお世話になりました。震災後何度か貴市を訪れ、また、報道を見るたび胸がつぶれる思いをしています。一日でも早い復興を心から願っています。とりわけ、産業復興のかげに薄れてしまいがちな子どもたちが希望がもてるようであってほしいです。
  • 震災の復興を心からお祈りしています。1回の寄附の金額が少なくて、申し訳ありませんが、長く続けていければと思っています。
  • わずかですがお役立ていただければ嬉しく存じます。まだ訪れたことのない町へ、“美味しい旅”ができる日が早く来ますように、楽しみに待っております。
  • このたびの地震で被災された皆様に、心より御見舞い申し上げます。一日も早く復興されますようお祈り申し上げます。
  • さらなる災害に強いまちづくりを希望します。
  • 少しでもお役にたてれば幸いです。一日も早い市の復興を心から願います。
  • 私の両親は本吉町大谷の出身です。現在も本吉には親戚がたくさん住んでおり、このたびの震災の被害は他人事ではないと感じております。微力ではありますが、復興の一助になればと思っております。
  • このたびの震災について、皆様の心情を思うと、どんなに言葉を尽くしてもその悲しみを癒すことは難しく思います。私にできるささやかなお手伝いです。海と魚と共に生活を営んでこられた気仙沼再興の一助になれば幸いです。
  • 東京の自宅も震災の被害を受け、今までは自分のことでいっぱいでした。ようやく、元の生活にもどり、気仙沼の方々の御苦労が身にしみています。お身体にお気をつけて、笑顔を取りもどされますようお祈りしています。
  • 未曾有の困難に途方に暮れていますが、被災地の方々が頑張って居られるのを私達は何らかの形で支えなければいけません。日本中、世界中の人々が心を寄せていることをどうか忘れず元気を出してください。
  • 東日本大震災で被災された方々及び復旧・復興の費用として使ってください。現地に行けず、また行っても役に立てない年齢です。できることを一つでも多く考え、支援させてください。
  • 6月12日のサンデーモーニングで気仙沼の生中継を見ました。市長さん達の力強い言葉に感動しながら一日も早くと願いました。カツオ漁のニュースはやっと一歩だと私も思いましたが、まだ、ガレキのところもあるような…。このところ毎日暑いです。どうぞ皆さんお体に気をつけられて、一日も早い気仙沼を…。
  • 少ない金額で申し訳ないのですが、みなさんの生活が一日でも早く平穏な日常に戻るための一助に使っていただければ幸せです。

平成23年7月

  • 一日も早く普通の生活ができますよう応援しています。
  • 東北被災地の復興に一早く必要なのは、気仙沼の漁業及び産業の完全復興です。少ない額ではありますが、水揚げされた鮮魚の保管や加工する工場の建設資金の足しにでもなればと思います。一日も早い気仙沼の漁業と産業の完全復興を願っています。また、気仙沼で水揚げされたサンマで、目黒のサンマ祭ができますように…。
  • 日本の港町の代名詞でもあった気仙沼の街並みが破壊されてしまいました。あまりにも残酷すぎます。市民の方々が一日でも早く落ち着いて暮らせる日々が訪れることを願うばかりです。
  • 私は鹿児島で医師の仕事をしています。3月13日には、医療支援をしたいと、日本医師会へ申し込みをしたのですが、準備やら混乱やらで、結局行けませんでした。何かお役に立てたらという思いで、「ふるさと納税」という形をとらせていただきたく思います。どうぞ、お役立てくださいませ。
  • 妻の実家が波路上で毎年、気仙沼に行くのが楽しみでした。今回の災害で大変な思いをしていることでしょう。一日も早く復興できますように応援しています。
  • 10年後のたくましい子供達に期待します。
  • 一日も早い復興を願ってます。
  • 昨年、遊びにバスツアーで訪れた場所です。お世話になりました。自然が豊かで、食べ物もおいしく、美しい所という印象を受けました。少額ですが、有効に使ってください。再び訪問したいです。
  • 被災された多くの方々、また復興に向かって頑張られている職員の方々、皆様が一日も早く穏やかな生活に戻れるよう願っております。
  • わずかな金額ですが、被災された方々のお役に立てばと思っております。一日も早く皆様が平穏な日をおくられるよう願っております。
  • 未曾有の大震災への対応ご苦労様です。一日も早い復旧復興をお祈りします。
  • 3月11日から4か月が過ぎ去ろうとしています。新聞やラジオで皆様方の様子を見ていて毎日涙が出てしかたがありませんでした。私も何かお手伝いできることはないかしらと、ふるさと納税に参加しました。考えたくはない過去の大震災をお手本にしてより安全な町づくりを築かれることを願っております。
  • 一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
  • 昨秋、大学時代の友人たちと貴市を訪問しました。そのとき、“牡蠣まつり”で一生懸命応対してくれた、子ども達や地域の皆さまのことが忘れられません。遅くなりましたが、ほんの気持ちばかり送金させてください。甦れ!気仙沼!
  • 去年気仙沼に行きました。その頃のように、元気な街になるよう微力ながら、応援しています。
  • 震災から一日も早く、復興することを願います。少しですが、毎年続けたいと思います。
  • このたびの東日本大震災にて被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈りいたします。
  • 気仙沼を離れて37年になりましたが、いつも気にかけております。早い復興を願っております。
  • 応援します。少しで申し訳ありませんが、毎年続けたいです。
  • 気仙沼ファンとして、産業や防災面で強い街に再生すること期待してます。
  • 僅かな金額で申し訳ありませんが、一日も早い復興を心よりお祈りしています。
  • 少額ではありますが、お役立てください。今後も継続したいと思います。
  • 唐桑の私の実家も被災し流されてしまいました。故郷気仙沼が早く復興できますように!今後のまちづくりに役立ててください。
  • 震災被害に対しましてお見舞い申し上げますとともに、早い復興をお祈りいたします。
  • 震災の当日、停電し、自宅から避難したところで、テレビで繰り返しながれる気仙沼の港が炎につつまれている様子を見ていました。何らかの形で、力になりたいと思っていました。基幹産業である水産業が復活することで、街全体が活気に溢れ、潤っていくと思います。少しですが、お役立てください。

平成23年8月

  • このたびの東日本大震災の被災者並びにその御家族にお見舞い申し上げます。一日も早い復興並びに復旧をお祈り申し上げます。いろいろと大変なことがあるかと存じますが、頑張ってください!!
  • 一日も早く東北の皆様が笑顔になれる日が来ることを願っています。
  • 毎年、目黒のさんま祭りで気仙沼のおいしいさんまをいただいております。今年も、楽しみにしています。
  • 必ずや復興できる。頑張ってください。
  • ふるさと気仙沼市の復興を心から応援いたしております。頑張ってください。
  • 一日も早い復興ができるよう応援します。がんばってください。
  • 日本国中で東北の被災にあった方の応援をしています。いつ、どこで、また、地震がおこるかわかりません。皆様の辛いお気持ちもTVを通してしかわかりません。できることがあればお役に立ちたい…といつも思っています。
  • 暑い日が続いて大変な環境だとお察しします。皆様お体をお大事にお過ごしください。
  • ひと昔前に気仙沼市におりました。被災状況を伝聞して、自分にできることがまだ見出せません。そちらに行っても手足がすくんでしまいそうで、伺うこともできずにいますが、必ず機会を作って訪れたいと思っています。いつも気仙沼のことは忘れていません。どうか少しでも元気が取り戻せますよう祈っています。
  • 震災被害からの一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。
  • 皆さん、がんばってください。
  • 20代のごろ、友人の実家である旧本吉町に行きました。その友人の住む街が一日も早く復興することを願っています。
  • 少ない金額ですが、被災地の方々が一日でも早く職につけるよう雇用の創出に役立ててください。
  • 残暑厳しい折、被災者の皆々様に改めて、お見舞い申し上げます。誠に少額でありますが、ふるさと納税制を使い、気仙沼市の皆々様に寄付させていただきます。長丁場の復興になると思いますが、一歩一歩進んでください。漁業関係の復興を念じています。
  • 頑張って一日でも早い復興を願っています。
  • 昭和49年から2年間御市に在住し、市民の皆様のお世話になりました。元気な気仙沼に復興することを祈っています。
  • 一日も早い復興を願っています。頑張ってください。
  • 復興に役立ててください。目黒さんま祭りでお会いしましょう。
  • 子どもたちの将来のために役立ててください。貴市には、大島も唐桑も含めて様々な思い出があります。また、おいしいものを食べに行きたいと思います。

平成23年9月

  • これからもずっと応援します。がんばってください!
  • 夫は気仙沼市で育ちました。震災後の気仙沼市の惨状に心痛めておりましたが、4月10日、ひとり旅立ってしまいました。この度香典の一部ですが、市の復興のために少しでも役立てていただきたく、寄付をさせていただきます。
  • 20年程前のちょうど今ごろ、よくさんまを買いに気仙沼に行きました。安く買えた店はもうないのかもしれません。残念です。復興の一助となれば幸いです。
  • 生まれ育ててくれた故郷の姿に一日も早く戻ることを祈っています。
  • 亡くなった父は気仙沼出身です。いとこ達が現在お世話になっています。ガレキ撤去のボランティア等ができれば良いのですが…。少なくても5年は続けたいと思います。
  • 横浜はまだまだ残暑が続いておりますが、東北は秋の兆しが見えてきているのでしょうね。過ごし易い天候が続きますようお祈りしております。
  • 神奈川県のスーパーにも気仙沼産の魚が並んでますよ!なんだかとってもうれしいです。「気仙沼のサンマ」は庶民にも気軽に手が出せるブランド魚です。早く食べたいです!
  • 気仙沼に住む親類からさんまが送られてきました。大変な状況の中、大変おいしいさんまをいただき、例年以上に感謝の気持ちでいっぱいになりました。少額で申し訳ありませんが、生活基盤の整備に役立ててください。
  • 気仙沼市復興のお役に立ててもらえば幸いです。
  • 復興を祈念します。
  • 少しですが、復興にお役立ててください。
  • 40数年前に、目黒区立東山中学校を卒業しました。今回の震災被害によって、私の後輩が毎年、貴市のお世話になっており、「目黒のさんま」も気仙沼から来ていることを知りました。何年かのちに、元気に復興した気仙沼を訪問したいと思います。頑張ってください。
  • 復興に頑張ってください。
  • 社協を通じて震災ボランティアに行く予定でしたが、台風12号により行けなくなったため、まちづくり応援寄附金という形で、お手伝いさせていただきます。
  • 気仙沼の子ども達の未来のためにがんばってください。
  • かつて気仙沼支援学校で働いていました。住んでいた内ノ脇、南気仙沼駅周辺の惨状を実際に見て涙が止まりませんでした。本当に微々たる金額ですが、どうか遣ってください。
  • 一日も早く心休まる日が来ますように。気仙沼の復興、ご発展をお祈りしております。

平成23年10月

  • 私は、若いときに宮城県に住んでいたことがあり、今回の震災の状況を報道で見て、涙を禁じえませんでした。神戸の震災の時には、私は神戸市東灘区に住んでいて、被災しましたが、その時の全国の皆さんの支援は忘れることはできません。必ず復興はできるし、しなくてはなりません。皆さんの前を向いて進んでいこうという気持ちにささやかですが、応援させていただきたいと思います。
  • 気仙沼には知人がいます。まことに寸志ですが、復活、再生を祈っています。ずっと東北支援です。
  • 貴職が取り組まれる復旧・復興事業(被災児童の養護や教育環境の整備等)に活用をいただければと思います。
  • 震災のことはずっと忘れません。いつまでも応援を続けます。
  • 年金生活の身なのでささやかな寄付ですみません。被災地の皆様の懸命なご努力に平身低頭の思いです。寒くなってきました。皆々様ご自愛のほど。
  • 気仙沼が元気になりますように!!
  • 早く元の気仙沼に戻れる様に願っています。
  • もう10年以上前の夏に気仙沼の海に遊びに行きました。穏やかできれいな海と食べきれないほどのおいしい魚が忘れられません。また、遊びに行ける日を楽しみに応援しています。
  • 災害復興に使ってください。
  • このたびの震災に対し心よりお見舞い申し上げます。私は東北方面には親せきや友人がおりませんが、何かお力になりたいと思っておりました。朝の5時から生島ヒロシさんの明るい声にいつも元気をいただいておりますので、気仙沼の方々が立ち直る力になればと思いました。これから寒い寒い冬になりますが辛抱強い東北魂で必ずや前よりもっとすばらしい街になりますようお祈りいたしております。
  • 震災からの復興を心より願っております。
  • 一日も早く、復興を心より祈念します。
  • 市営で冷凍倉庫、製氷工場など作り、魚の町としての整備を急いでほしい。
  • 被災に対して、家族共々、復興されるよう応援しています!市民の皆様、頑張ってください!
  • 気仙沼市に熊谷姓が多いのは、私の住む熊谷市の市名となった熊谷次郎直実の子孫と深く関わりがあることを今回の震災で初めて知りました。そんなことから、少しでもお役に立ちたいと思います。
  • 震災からの一日も早い復興を心から祈っています。
  • 3月に応援に行った医師です。言葉では十分表せませんが、被災地のことは常に気にしています。本当は組織的にまとまった協力をしたいと思っていますが、なかなかよい機会にめぐり合わないのが残念です。ひとつの表現として今回、応募しました。いつも応援しています。
  • 再興の一助になれば幸いです。
  • これから寒くなりますので、お身体には充分お気をつけてください。埼玉で気仙沼の商品を見かけたら購入しています。「すこっつず がんばっぺ!」ですね。
  • 復興応援しています。
  • 気仙沼が大好きで応援しています
  • わずかではございますが、復興のお役に立てていただければ幸いです。また以前のように、日本全国で気仙沼でとれたおいしい魚が食べれることができるよう、復興されますことを心より願っております。
  • 一日も早い産業の活性化にむけて、共に力をあわせこの難局をのりこえましょう。

平成23年11月

  • 平成元年初夏、新婚旅行で貴市に立ち寄り1泊しました。泊まった宿の紹介の居酒屋で夕食を摂りました。毛ガニのつきだし、ホヤのさしみ、etc、etc。イカの塩からのお土産まで持たせてもらいました。信州、東北を一周する車での旅でしたが、一番印象深い町であったと今も家で話をしています。
  • おいしいさんまを毎年送っていただいておりました。皆様お揃いで安定した生活ができますよう心より応援し祈っております。
  • 些少ですが、震災の復興にお使いください。
  • ガンバッテください!!
  • これから厳しい寒さの冬が訪れますが、必ず復興できると信じております。少額ではございますが、まちづくりにお役立ていただければ幸いです。
  • 4年前の夏にお世話になりました。復興、応援しています。
  • このたびの震災に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。気仙沼市とは、直接のかかわりはありませんが、復興にお役立ていただければ幸いです。ふるさと納税のHPも充実しており、すばらしいと思います。
  • 一日も早い復興をお祈りします。
  • 毎年、大島からおいしいカキやホタテを送ってもらっておりました。一日も早く復興されることをお祈りします。
  • 震災復興はこれからです。向寒の折、どうぞ寒さに負けないで、市民の皆様が、元気で、明るく、楽しく、健康で、幸せに暮らせるまちづくりができますよう、力を合わせて頑張ってください。
  • 一日でも早い復興を祈念しております。
  • いろいろ大変だと思います。これから寒くなっていきますので、お体には気をつけてください。
  • できるかぎり毎年支援させていただきたいと思っています。がんばってください。
  • 被災地の皆様、冬を迎え大変ご苦労されていることと存じます。笑顔でこれから復興に向け、ぜひお一人ひとり力を合わせ前進してください。いつも東京より心から支援していく気持ちを持ち続けたいと思います。
  • 御市の会社と30年以上お付き合いをさせていただきました。今回の大震災は、TVで見ました。復旧は行政の最大の仕事です。一日も早く復興されることを祈念します。
  • 6月に横浜市災害医療の一員として気仙沼市へ行きました。3か月経過してもまだまだ大変であることを痛感させられました。少額ですが、復興に役立ていただければ幸いです。
  • 6月に少しの期間ですが訪問させていただき、気仙沼のみなさんの強い気持ちに逆に励まされました。いまも、「結婚したら新婚旅行に気仙沼においで。それまでに元気になっておくよ」との言葉を忘れることができません。わずかですが、その一助になりますように。
  • 少しですが、気仙沼市の復興、復旧にお役に立てれば幸いです。
  • 9月に佐賀県庁から被災者の方の支援のために貴市に派遣された者です。市役所の方々にもお世話になりました。一日も早い復興をお祈りします。
  • 長期戦です。皆様お身体ご自愛ください。
  • 新しい街への復興を期待しております。
  • 遠く東京で暮らしておりますが、毎日、気仙沼のことを想っています。我がふるさと気仙沼の皆様が、一日も早く心穏やかな毎日を送れますよう祈っています。
  • 少しでも皆様の心の温もりとなりますようにお役立てください。
  • 気仙沼出身です。親戚も被災し、従弟はまだ行方不明です。通いなれた場所なのに何もかもが変わってしまいました。復興まで長い道のりになると思います。お役立てください。
  • 先日、初めて気仙沼を訪問し、気仙沼気楽会さんに街を案内していただきました。まだまだ復興どころか復旧にもほど遠い街の状況に言葉を失いました。それでも、何人かお話を伺った方はみなさん本当に前向きで、必ず港町気仙沼を復興させてくれると信じています。
  • 必ず復興してほしい。
  • 震災の復興に役立つ事業になるべく支出してください。
  • 5月に、自治体災害支援として、避難所の支援に行きました。あれから半年が経ちましたが、まだまだ復興に時間がかかると思います。来年には、もう一度、ぜひ気仙沼市へ行きたいと思います。それまで、気仙沼市のみなさん元気で頑張ってください。ファイト!!
  • 旅で訪れた時の人情が素敵な街でした。安心・安全な町に復興されることを願っております。
  • 震災後の激務、心から感謝しております。鹿折駅前にあった実家が被災し、母が仮設住宅に入居しています。一日も早く、代替え地を確保していただけるようお願いします。母にはあまり時間がありません。
  • 復興への応援として寄附いたします。頑張ってください。
  • 一日も早い街の復興、住民のみなさんの生活再建を願っています。
  • 少しですが寄附させてください。
  • 一日も早い復興を願っております。共に頑張っていきましょう!

平成23年12月

  • 震災前は市場によく買い物に行ってました。一日も早い復興を心より願っております。
  • すこしでもお役に立てば幸いです。
  • 夫の職場関係から支援に伺った気仙沼市に、私も気持ちばかりですが支援したいと考えての応募です。応援しています。
  • 7月に少しですが貴市でお手伝いさせていただきました。一日も早く平穏な生活が戻るよう願っています。私も健康に不安がある者です。額は少ないですが貴市の治療や介護が必要な方のためにお使いいただければと思います。
  • 東海大震災が予想される本県は他人事ではありません。わずかですがお役立てください。
  • 応援しています。
  • 仙台勤務の際に、何度か出張で泊まったことがあります。その時行った飲み屋さんの料理がとてもおいしく、お土産までもらった事を鮮明に記憶しております。一日も早い復興を祈りつつ、微力ながら寄付させてください。
  • 少ない金額ですが、復興に役立ててください。
  • 港へカツオが陸揚げされたと聞いたのは、もうだいぶ前のことになりますが、おいしい魚をありがとうございます。気仙沼市の復興をお祈りしています。
  • 応援してます!!
  • 少しですがお送りします。時間はかかるかもしれませんが、頑張ってください。
  • 微力ながらお役立てください。津波ぐらいに負けさんな。一日も早い復興を・・・
  • 一日も早い復興を期待しています。
  • 先日、災害ボランティアに参加させていただきましたが、皆様の暖かいお心に接することができ、気仙沼が好きになりました。ほんのわずかですが、皆様のお役に立てていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
  • 震災に遭われました市民の皆様に心からお見舞い申し上げます。速やかな復興の一助になれば幸いです。
  • 頑張ってください。
  • 8月に演奏ボランティアの手伝いで訪問させていただきました。これからも寒い時期を迎え、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。市職員の皆様も復興の長い道のりを一歩ずつ進めていただければと思います。
  • 先日気仙沼に旅行し、被災者の方とお話しする機会がありました。時間がかかると思いますが皆さんが復興に向けてがんばっている様子を知り、微力ですが支援したいと思いました。また、居住する自治体ではふるさと納税による被災地支援を勧めており、手軽にできる支援活動として友人にも勧めたいと思います。
  • 一日も早い復興をお祈りしております。
  • 身体障害者で肉体労働の支援ができないので寄付金をいたします。以前(昭和61年8月)に気仙沼大島の三上荘に宿泊した事があります。復興した際は、また、行ってみたいです。
  • 復興に向けて頑張ってください。
  • 一日も早い復興をお祈り申し上げます。
  • 知人の家も流され、今は仙台市内で生活を立て直しています。ほんの少しですが、復興に役立てていただければ幸いです。
  • 少額ですが復興に役立てていただければ幸いです。
  • 頑張ってください!
  • 微力ですが気仙沼市の復興に少しでもお役に立てればと存じております。
  • 気仙沼出身です。実家は無事でしたが、多くの友人・知人の家が流されたり職を失いました。できる範囲での復興のお手伝いを続けたいと思います。
  • 大震災からの復興を祈ります。
  • 地元事業者の再建に、地元産業の復興に使用してください。
  • 武道の仲間がいて先月訪れました。昔の美しい街に一日も早く戻るよう少しですが役立ててください。
  • このたびの災害、お見舞い申し上げます。元気な気仙沼に!少しばかりですが応援します。
  • 日々、復興に向けて御尽力してくださっている皆様、どうぞ御身体お大事にしてください!故郷、気仙沼がまた活気あふれる街に再生されることを願っております!!
  • 金額が少なくてすみません。
  • 市民の皆様、職員の皆様、どうぞ希望を持ち続けてお過ごしください。(些少ですが、長~く送り続けたいと思っております。)
  • 気仙沼は第3の故郷。復興するまで支援し続けます。
  • 6年前の東北旅行でつい行きそびれた気仙沼市。今度行くときは震災前より繁栄した、新しく、そしてどこか懐かしい東北、気仙沼市になっていることを心から願っています。みなさん、がんばってください。
  • まちの復興にお役立て願います。
  • 本年4月中旬にり災証明の発行をお手伝いした東京都江戸川区の職員です。一日でも早く復興されますことを心よりお祈り申し上げます。
  • 同じ自治体職員として何かしたいが汗を流してしませんので、より自由に使えるふるさと納税を考えました。ご活用ください。
  • 頑張ってください。
  • 元気に復興されることを祈っています。頑張ってください。
  • 東北大震災、心よりお見舞い申し上げます。日本の漁業復興のため、ご利用いただければ幸いです。特に、お若い方の就労支援にお役立てくださることをお願い申し上げます。
  • 頑張ってください。
  • 今回は物産品のご送付はご遠慮いたします。全額、生活基盤の整備に充ててください。
  • 東北には行ったことも、知り合いもいませんが、復興の一助になれば幸いです。
  • 少しでも震災の復興の手助けができたら、と願っています。
  • 何年も前になりますが、“ホテル磯村”に宿泊したとき、母の具合が悪くなって大変お世話になりました。今回の震災でまず思ったのはあの時お世話になった方々の安否でした。幸い皆さん無事だったようで安堵しましたが、何かお役に立てないかと考えました。少しでも早く、気仙沼の街の産業と雇用が復活し、活気をとりもどすことが未来へとつながると思います。微々たるものですが、役立ててほしいと願います。
  • 10月に気仙沼に伺い、その後、テレビ等で以前の様子を見ると、より皆様の大変さ、悲しさがわかります。少しでも力になればと思います。これからも末長くみていきます。良いニュースが流れると嬉しくなります。
  • 僅かな金額ですが、お役にたてれば幸いです。物産品も、地元産業の復興につながればと思い、ありがたく選ばせてもらいました。みんなで頑張りましょう!
  • 気仙沼市出身の医師で北上市で働いています。診療応援等行けないので心苦しいです。気仙沼市の皆さん、特に唐桑区宿馬場の皆さん、寒さに負けず体に気をつけてお過ごしください。
  • がんばってください!!皆さまから勇気をもらっています。前進、前進!!
  • 以前気仙沼に勤務していました。震災の夜の火事の映像が忘れられません。一日も早い復興を願っております。
  • 金額は、多くありませんが、園の父母たちが、バザーをして得た収益の一部です。気仙沼出身の父母が在園しているので、直接の寄附にしました。少しずつですが、ずっと応援させていただきます。
  • たくさんの方々が幸せになりますようお祈りいたします。頑張りましょう!!
  • わずかですが、復興にお役立てください。
  • 気仙沼市の復興を遠くからではありますが、少しでも助力したいと思っています。
  • 一昨年、貴地を訪問し、おいしい海産物を楽しみました。そこが津波であんなひどい状態になったの見ると大変悲しいです。是非がんばって回復してください。ささやかな寄附をさせていただきますので、自由にお使いください。
  • 向寒の折、市民の皆様ともども、ご自愛ください。
  • 仕事を通じて貴所在所の方々と御縁がありました。いかがお過ごしか、胸が痛む日々です。復興の早からんことお祈りいたしております。
  • 大震災の復興に役立ててください。
  • 被災地復興のため日々ご尽力なさっていらっしゃる方々に敬意を表します。些少ではございますが、お役に立てれば幸甚です。

平成24年1月

  • 親戚が被災し、家も燃えてしまったため、今も盛岡にて避難生活を続けているとのこと。少しですが、復興に役立ててください。
  • 気仙沼市の復興を心よりお祈りしています。
  • 初春の候、謹んで申し上げます。昨年は9月11日と、12月28日から30日の間の2回、気仙沼を訪れました。魚市場から南を中心に依然としてがれきが多く残っているところや、夜は真っ暗な道路もありましたが、信号もだいぶ整備されていて気仙沼駅から魚市場付近までの間は活気がでてきた印象を受けました。港付近の満潮時の冠水は相変わらずですが、それでも私が9月11日に訪れた際に「お魚いちば」でおいしい生ガツオとサンマの刺身が食べられたことと、9月18日に気仙沼港で水揚げされたサンマで「目黒のサンマ祭り」が無事に行われたことが本当によかったと思います。本年も是非とも気仙沼の復興を願いつつ、わずかながらも力になりたいと思います。
  • 新しい年は良いこと・嬉しいことがたくさんありますように。気仙沼出身の友人がいるので、これもご縁です。できれば復興に役立てていただければ嬉しいです。
  • 昔、サラリーマン時代、気仙沼の方々に大変お世話になりました。一日も早い復興を祈っています。

平成24年2月

  • 一日も早い復興を祈っております。
  • 微力ではありますが、復興にお役立ていただけるととても嬉しいです。
  • 寒さももう一踏んばりですね。早いものでもう一年を過ぎようとしています。また新しい日を迎えようとしています。まず一歩ずつ進みましょう。
  • 一日も早い復興をお祈りしています。
  • 長い道のりになるかと思いますが、一歩ずつ前進していってください。そして、ぜひともに歩かせてください。

平成24年3月

  • 少額ですが、災害復旧にお役立てください。一日も早い復興をお祈りします。
  • 震災後はや1年、復興まちづくりへのご努力、大変だとお察しいたします。わずかですが、まちづくりにお役に立てば幸いです。
  • 水産業の復興に役立てていただければ幸いです。
  • 友達が住んでいる気仙沼市が一日も早く復興することを心からお祈りいたします。何か協力できることがあったら教えてください。
  • わずかではありますが、復興の一助になればと思います。
  • 震災で貴市に住んでいた友人夫婦を失いました。復興には大変なご努力が必要と思われますが、頑張ってください。些少ですが、お送りいたしますので、お役立てください。
  • 活気ある気仙沼に一日も早く復興されるように願っております。
  • 2010年にお伺いする機会があり、素晴らしい自然とその恵みを満喫させていただきました。一日も早い復興・復旧をお祈りいたします。
  • 微力ながら応援いたしております。
  • 震災発生以来、新聞やテレビ報道を見ているうちに、東北地方に親類、友人がおりませんが、他人事とは思えない、同じ日本人同士「日本の家族」、被災地とそこに住む人々のことが気になります。遠く離れていますが、忘れてはいません。一日も早くふつうの暮らしが皆さんに戻ることを願いつつ。
  • 気仙沼の人たちが一日も早く元気になり、復興することを埼玉大宮から祈っております。
  • 陰ながら、いつも見守っています。お体をご自愛され復興されますことを心よりお祈りしています。
  • 気仙沼出身者です。気仙沼には、高齢の親が一人暮らししています。幸い、被害はありませんでした。娘の私は、現在、闘病中で親の様子を見に行くことができません。近所の方々や親戚・かかりつけの医院等の皆さんにとても良くしていただき感謝してます。故郷の気仙沼が、住み良い街に戻り、美しい姿を取り戻しますよう願います。

このページに関する問い合わせ先

震災復興・企画部 震災復興・企画課 けせんぬま創生戦略室
電話番号:0226-22-6600
内線番号:315,316

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?