コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > くらし・手続き > 働く > 気仙沼市地域おこし協力隊の活動を紹介します

気仙沼市地域おこし協力隊の活動を紹介します

更新日:2023年11月22日

気仙沼市では、「気仙沼市地域おこし協力隊事業実施要綱」に基づいて、地域おこし協力隊の任用を行っています。現在、農林業や観光、まちづくりの分野などで活動中の隊員について紹介します。

隊員数

令和5年9月末現在、12名の隊員が活動しています。
  

受入団体

水産資源など地域資源を活用した新産業・特産品の創出などの7事業に、市内の協議会、一般社団法人など6団体が雇用者として受け入れています。

隊員の委嘱期間 

  1. 団体等が雇用した日(委嘱の日)からその年度の3月末まで。
  2. 委嘱の日から起算して3年を限度に再委嘱でき、年度毎に市と受入団体等が協議の上、決定。

事業・活動概要

  事業名 活動概要 受入団体 現隊員数 隊員名
1 水産資源などの地域資源を活用した新産業・特産品の創出事業 気仙沼水産資源活用研究会プロジェクトのマネジメント、商品開発、販売促進活動を行う。 気仙沼水産資源活用研究会 2名 関    純麗
田島 愛莉
2 人材育成プラットフォーム推進事業 「気仙沼まち大学構想」を推進するため、市民の連携・協働を促すプログラムの企画やコ・ワーキングスペース ▢ship(スクエアシップ)の管理・運営を行う。 気仙沼まち大学運営協議会 3名(引継ぎ期間中の隊員1名を含む。) 足立   岬
柳瀬 彩花
望月 菜央
3 気仙沼市を中心とした三陸沿岸地域の日本型DMO構築事業 気仙沼DMOの構築として、気仙沼クルーシップカードを通した地元事業者の販売マーケティング活動の支援、独自の観光コンテンツ・体験プログラム開発などを実施する。 一般社団法人気仙沼地域戦略 1名 高橋 和輝
4 気仙沼市への移住者の受入に係る支援活動 市移住・定住支援センターMINATOのスタッフとして、移住相談対応や同センターの運営補助を行う。 一般社団法人まるオフィス 1名 佐藤 文香
5 環境負荷の少ない社会の構築事業 自伐林業家として必要な技術の習得と実践,自伐林業家養成塾「森のアカデミー」の企画・開催。 気仙沼地域エネルギー開発株式会社(リアスの森応援隊) 2名 中井   寛
大沢 尚平
6 探究学習コーディネーター派遣事業 探究学習コーディネーターとして学習プログラムの提案や教職員の研修の企画・運営補助などを行う。 一般社団法人まるオフィス 2名 渡邊 国権
永峰 苑佳
7 ペンシーネクストスイッチプロジェクト 探究学習コーディネーターとして学習プログラムの提案や教職員の研修の企画・運営補助などを行う。 ペンシー 1名 皆川 太郎
●「隊員名」に下線がついている氏名をクリックすると活動紹介に遷移します。
AbobeReaderのダウンロードページへのバナー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

震災復興・企画部 震災復興・企画課
けせんぬま創生戦略室 創生戦略係
電話:0226-22-3408
メール:kikaku@kesennuma.miyagi.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?