コンテンツにジャンプ

トップページ > 市の紹介・市政情報 > 協働のまちづくり > 市民との協働 > 気仙沼市民活動支援センター

気仙沼市民活動支援センター

更新日:2020年06月01日

市民活動みつかるブック発行しました!

市民活動支援センター登録団体の紹介冊子です。市内の公共施設にも設置しています。
みなさんどうぞご活用ください。

市民活動みつかるブック(下記をクリック!)
mitukarubook20200601.jpg

 

『新型コロナウイルス感染拡大防止についてお願い』

(5月18日更新)
5月14日に政府から新型コロナウイルス感染症に関して,特定警戒都道府県(北海道,東京,神奈川,千葉,埼玉,大阪,兵庫,京都)を除く39県の緊急事態宣言の解除が発表されました。
 宣言は解除されましたが,引き続き3つの密を徹底して避け,手洗いや人との距離の確保などの新しい生活様式を実践されますと共に,県境をまたいだ移動の自粛を引き続きよろしくお願いいたします。

【記者発表資料】
 政府による新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の解除を受けて(市長メッセージ)

 県境をまたいだ観光地・観光施設等への訪問自粛を引き続きお願いします

 大曲コミュニティセンターの利用を再開します

 体育館等の利用を再開します
 
 市立小・中学校の学校再開等について



(5月12日更新)
市主催のイベント・会議について,5月7日から5月31日まで,別添「県主催イベント・会議の考え方について」に基本的に準拠し,対応致します。
 つきましては,各団体におかれましては,添付の「市主催イベント・会議等の考え方について(その5)」や市集会施設の利用条件等を参考にしていただき,開催・実施の判断および対応についてご検討いただきますようお願いいたします。
 なお,食事提供するイベントの開催については,延期または中止のご検討をお願いいたします。

【記者発表資料】

 政府による新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間延長等を受けて(市長メッセージ)

 市主催イベント・会議等の考え方について(その5)

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う市立小・中学校の臨時休業再延長と登校日の設定,市立幼稚園及び社会教育施設等の再開について


【参考】市集会施設の利用条件
 感染防止策を講じた上での比較的少人数(最大50人程度)かつ以下の要件を満たすこと。
 1.三つの密の発生が原則想定されないこと(人と人との間隔はできるだけ2mを目安に)
 2.大声での発声,歌唱や声援又は近接した距離での会話等が原則想定されないこと。
 3.その他,必要に応じて,適切な感染防止対策(入場者の制限や誘導,手指の消毒設備の設置,マスクの着用,室内の換気等)が講じられること。



『新型コロナウイルス感染予防の徹底についてお願い』

 気仙沼市では新型コロナウイルス対策について,これまでも皆様に感染予防の御協力をお願いしておりましたが,4月5日に市内で感染症患者が発生したことを踏まえ,感染予防対策を別紙記者会見資料のとおり実施いたします。つきましては,各団体の活動においても更なる予防徹底について御理解,御協力をお願い致します。

  • 団体主催のイベント,集会等の自粛を要請します。
  • 団体の会議等については,参集人数や会場の状況によってそれぞれ判断をお願いします。

    なお,5月10日以降の取り扱いについては改めてお知らせいたします。

 

気仙沼市民活動支援センター

本市では,市民参加のまちづくりを積極的に推進するため,市民活動団体・NPOやボランティア活動等の支援と,市民・企業・行政のパートナーシップによるまちづくりの拠点として,「市民活動支援センター」を平成16年4月から設置しています。 

 

主な支援内容

  • 運営相談:会員や資金の不足、事業手法、行政との協働の進め方など団体の課題や困りごとの相談ができます。
  • 法人化相談:NPOや一般社団法人の認証申請を行う手順や書類作成等について相談ができます。
  • 情報提供:助成金情報や団体情報など市民活動・NPOについて必要な情報を提供しています。
  • 活動内容PR:情報誌「まちづくり通信」やホームページ、掲示板等を通じ、イベントや活動内容を広くPRできます。
  • 講座等の実施:団体のスキルアップのために様々な講座を企画・実施しています。
  • ボランティア募集:市民活動団体の会員やボランティアの募集・仲介を行います。

開館時間等

月曜日から金曜日 9時から17時
注:土曜日・日曜日・国民の祝日・休日・年末年始(12月29日から1月3日)は閉館日となります。

 

設置場所

気仙沼市役所 ワンテン庁舎1階(地域づくり推進課内)

 

利用方法

市民活動を行い、または行おうとする市民活動団体及び個人であれば、どなたでもご利用になれます。
センターの設備を利用される市民活動団体・個人は、事前に利用許可を受ける必要があります。

 

利用できる設備

  • コピー機の利用:1枚 10円
  • 簡易印刷機の利用:1製版 100円 (500枚毎に100円加算。用紙は持参願います)
  • 定期的な情報誌の提供:月額 100円 

注:コピー機及び簡易印刷機の利用については、時間に余裕をもってお越しください。

  •  詳しくは下記の関連リンクをご覧ください。

 

まちづくり通信

まちづくり通信バックナンバー

 

助成金情報一覧

助成金情報 

 

「市民活動みつかるブック」 登録団体紹介冊子

(6月1日更新)

市民活動支援センター登録団体の紹介冊子です。ご活用ください。
市民活動みつかるブック(PDF:6,341KB)
 mitukarubook20200601.jpg
 

 

 

各種講座のご案内

各種講座

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

震災復興・企画部 地域づくり推進課
電話番号:0226-22-3409

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?