コンテンツにジャンプ

トップページ > 市の紹介・市政情報 > 協働のまちづくり > 地域まちづくり組織との協働 > 南気仙沼復興の会

南気仙沼復興の会

更新日:2020年3月31日

  1. 設立年月/平成29年4月
  2. 代表/吉田 久雄(よしだ ひさお)
  3. 構成団体数/9団体(令和元年7月時点)
  4. 問い合わせ先/☎23-5595 (宮城三菱自動車内)
  5. Facebook/https://www.facebook.com/mkfukkonokai/(外部サイトにリンクします)
  6. 広報/南気仙沼復興の会 まちづくり通信

      南気仙沼復興の会 まちづくり通信 Vol.12(PDF:9.95MB)
  南気仙沼復興の会 まちづくり通信 Vol.11(PDF:5.25MB)
  南気仙沼復興の会 まちづくり通信 Vol.10(PDF:1.86MB)
  南気仙沼復興の会 まちづくり通信 Vol.9(PDF:8.75MB)

 ◆活動の目的

「地域コミュニティーの再生」「にぎわいを取り戻す」を目指して、住みよい地域になるよう活動しています。

 ◆設立のきっかけ

 震災前17自治会あった南気仙沼地区は、震災により、16自治会が被災し、うち14自治会が解散、または活動休止に追い込まれました。それにより、まちづくり活動を担ってきた「南気仙沼まちづくり振興協議会」も活動ができなくなり、窓口となる組織がないまま、震災から6年の月日が経ちました。

 平成28年から災害公営住宅への入居が始まり、翌29年は南気仙沼商店会が新設され、復興が進んでいく中で、地区の声を届ける組織の必要性が高まり、気仙沼大川桜並木を保全する会の参画もあって「南気仙沼まちづくり振興協議会」を母体とする「南気仙沼復興の会」が結成されました。

 ◆活動内容

 地域コミュニティ再生に向け、南地区の自治会長さん達と南気仙沼商店会のメンバーが集まり月1回「定例会」を開き地域の情報共有や活動の協議を行っています。南地区の土地区画整理事業が終盤を迎え店舗や住宅が増えてきましたが、暮らし始めてから出て来る課題もありますので、住民参加の「地域課題を話し合うワークショップ」や「まちづくり説明会」を行い、暮らしやすいまちに近づくよう活動をしています。また、夏には地域の賑いを取り戻すため「南気仙沼七夕まつり」を開催し多くの方の交流の場となりました。

 ◆団体からひとこと

 震災後いちからスタートのまちづくりです。住みよく元気な南気仙沼を目指して、地域住民の皆さまと連携を取りながら活動を続けてまいりますので、今後ともご協力をよろしくお願い致します。
  南気仙沼写真

このページに関する問い合わせ先

震災復興・企画部 地域づくり推進課 地域づくり推進係
電話番号:0226-22-3409

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?