コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみ > ごみの出し方 > 「危険ごみ」(電池類、ライター類、蛍光管・電球類)の出し方

「危険ごみ」(電池類、ライター類、蛍光管・電球類)の出し方

更新日:2023年11月1日

令和5年11月より乾電池(アルカリ・マンガン)、コイン型電池、ライター類の他に、小型充電式電池、ボタン型電池、モバイルバッテリーや加熱式たばこなどの電池が外せないもの、蛍光管・電球類を「危険ごみ」として収集しています

1.対象品目

(1)電池類

アルカリ乾電池、マンガン乾電池、コイン型電池、ボタン型電池、小型充電式電池(リチウムイオン、ニッケル水素、ニカド)、モバイルバッテリーや加熱式たばこなどの電池が外せないもの
  • テープを貼って絶縁処理をしてください。
  • 電池が外せないものは無理に分解せず、そのまま「危険ごみ」に出してください。
  • dennti.jpg

    乾電池類





    liion.jpg
  • koin.jpg コイン型電池


    nimh.jpg
  • botan.jpg ボタン型電池


    nicd.jpg

(2)ライター類

使い捨てライター、電子式ライター、着火ライターなど
  • ガスは使い切ってください。
raita.jpg

 


(3)蛍光管・電球類

  • 購入時の箱に入れるか、紙等で包んで出してください。
  • 袋からはみ出しても収集します。
蛍光管

2.収集日

燃やせないごみの日(月1回)

3.出し方

指定袋又は透明・半透明な袋に入れて出してください。
  • toumei.jpg透明な袋

  • hanntoumei.jpg中身が確認出来る「半透明な袋も可」

    このページに関する問い合わせ先

    循環型社会推進課
    電話番号:0226-22-9680

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容は分かりやすかったですか?