コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険・サービス > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

更新日:2021年9月17日

本市では新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,令和2年4月7日付け厚生労働省事務連絡に基づき,要介護認定の調査や医療機関の受診等による感染リスクを回避することが必要な状況であると判断された場合に認定調査等を実施せず,これまでの介護状態区分のまま有効期間を合算(延長)する臨時的な取扱いをしています。

手続きには「更新申請書」及び「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等有効期間合算申出書」が必要です。


対象者

現認定有効期間の満了を迎える「更新申請」の方

条件

下記,1・2の両方に該当する方

  1. 更新申請を希望し,かつ現在の被保険者の心身の状態が前回認定時と比較して変化がない場合
  2. 感染拡大防止の観点から「人との交流を避けたい」「医療機関及び介護保険施設において面会制限がかかっている」等の理由で訪問調査を希望しない場合 

臨時的な取扱いについて

  1. 認定有効期間→従来の有効期間に新たに12か月を合算した期間

    例:従来の認定有効期間 令和2年10月1日から令和3年9月30日
    新しい認定有効期間 令和3年10月1日から令和4年9月30日

  2. 要介護状態区分等→従来の要介護状態区分または要支援状態区分 

申請方法

「更新申請書」及び「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等有効期間合算申出書」に必要事項を記載のうえ,市高齢介護課へ送付願います。

  • 申請に必要な書類の様式はこちらからダウンロードできます。 

その他

このページに関する問い合わせ先

保健福祉部 高齢介護課 介護保険係
電話番号:0226-22-6600
内線番号:406,407

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?