コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康・予防 > 3月は「自殺対策強化月間」です

3月は「自殺対策強化月間」です

更新日:2022年3月1日

自殺対策強化月間について

自殺対策基本法では、例年、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定め、地方公共団体、関係団体等とも連携して「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向け、相談事業及び啓発活動を実施します。 

自死の現状

日本では、年間約2万人の人が自ら命を絶っています。自死は、健康問題、生活や経済問題、家庭問題など、様々な要因が関係し、心理的に追い詰められて「死」以外の解決方法が見いだせない状態に陥ってしまう「追い込まれた末の死」です。加えて、新型コロナ感染症の流行が続く中、生活の変化や行動制限によるストレス、感染への恐怖、経済状況の悪化等により、心の負担が増大することによって、自死リスクが高まることが懸念されます。 

自死を防ぐためにできること

自死を防ぐ為には、ストレスを溜めないようにすることや、悩み事などは一人で抱え込まず誰かに話してみることが大切です。地域のみんなで日頃より声を掛け合い、孤立を防ぐことも、大切な命を守ることに繋がります。 

市での取り組み

自死対策に関するパネル展示

自殺対策強化月間に合わせ、下記の期間において市内4か所で、自死対策に関する情報の掲示及び心の健康等に関するパンフレットの設置を行います。自死の現状や、自分や周りができる自死対策についての情報を掲示しますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

期間

令和4年3月7日(月曜日)から3月18日(金曜日)まで

場所

  • 気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階「情報プラザ」
  • 市民健康管理センター「すこやか」
  • 唐桑総合支所保健福祉課
  • 本吉保健福祉センター「いこい」

令和3年度こころの健康づくり講演会

日時

令和4年3月14日(月曜日)午後1時30分~3時

会場

市民健康管理センター「すこやか」多目的ホール

内容

講演:テーマ「心穏やかに過ごすためのヒント~コミュニケーションとストレスケア~」
講師:みやぎ心のケアセンター気仙沼地域センター地域支援課長片柳 光昭 氏

定員

先着30名

申込締切

令和4年3月10日(木曜日)までに下記までお申し込みください。

申し込み先

気仙沼市保健福祉部健康増進課健康増進係☎0226-21-1212

新型コロナウイルス感染症拡大防止について

  • マスクの着用にご協力お願いします。
  • 市内の感染状況より、本公演が中止となる場合がありますので、ご了承ください。
     
  1. このページでは,自死遺族の方への配慮として,法律名や統計用語等を除き,「自殺」に代えて「自死」という言葉を使用しています。
AbobeReaderのダウンロードページへのバナー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

保健福祉部 健康増進課 健康増進係
電話番号:0226-21-1212
電話番号:0226-22-6600,内線番号:411,412

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?