コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康・予防 > 熱中症にご注意を!

熱中症にご注意を!

更新日:2022年6月28日

これからの時期は熱中症に気を付けましょう!

熱中症とは
 





  熱中症は,高温多湿な環境に長くいることで,徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ,体温調節機能がうまく働かなくなり,体内 に熱がこもった状態を指します。
  屋外だけでなく室内で何もしていいない時でも発症し,救急搬送されたり,場合によっては死に至ることもあります。
  熱中症について正しい知識を身につけ,体調の変化に気をつけるとともに,周囲にも気を配り,熱中症による健康被害を防ぎましょう。


屋外ではマスク着用により,熱中症のリスクが高まります!

  マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり,気づかないうちに脱水になるなど,体温調節がしづらくなってしまいます。人との距離(2m以上を目安)が確保できて,会話をほとんど行わない場合は,かならずしもマスクを着用する必要はありません。

ホヤぼーや間隔

マスク着用時は

  • 激しい運動は避けましょう
  • のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう
  • 気温,湿度が高い場合には,エアコンや扇風機,換気により暑さを避けましょう


熱中症の症状

  • めまい,たちくらみ,手足のしびれ,筋肉のこむら返り,気分が悪い
  • 頭痛,吐き気,嘔吐,倦怠感,虚脱感,いつもと様子が違う
重症になると
  • 返事がおかしい・意識消失,けいれん,からだが熱い

熱中症が疑われる人を見かけたら

  • 涼しい場所へ:風通しの良い日陰や,エアコンが効いている室内など,涼しい場所へ避難させる
  • 身体を冷やす:衣服をゆるめ,体を冷やす(特に首の周り,脇の下,足の付け根など)
  • 水分補給:水分,塩分,スポーツドリンクなどを補給する
  自力で水が飲めない,意識がない場合は,すぐに救急車を呼びましょう!



熱中症予防のために

室内では・・・

  • 扇風機やエアコンで温度を調節
    (注)エアコンは室内の空気を循環させているので、窓をあけ,換気も行いましょう
  • 遮光カーテン,すだれ,打ち水を利用
  • 室温をこまめに確認

屋外では・・・

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用,こまめな休憩
  • 天気の良い日は日中の外出を控える

身体の蓄熱を避けるために・・・

  • 通気性のよい,吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤,氷,冷たいタオルなどで体を冷やす

こまめな水分補給を

  室内でも,屋外でも,のどの渇きを感じなくても,こまめに水分を補給しましょう(大量の汗をかいた時は塩分も忘れずに)

暑さに備えた体づくりと日頃からの体調管理をしましょう

  • 暑さに備え,熱くなり始めの時期から,無理のない範囲で適度に運動しましょう
  • 毎朝など,定時の体温測定と健康チェック
  • 体調が悪い時は,無理せず自宅で静養

環境省・厚生労働省パンフレット「熱中症予防×コロナ感染防止」
厚生労働省パンフレット「熱中症予防のために」

このページに関する問い合わせ先

保健福祉部 健康増進課 健康予防係
電話番号:0226-21-1212
電話番号:0226-22-6600,内線番号:413,414

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?