コンテンツにジャンプ

トップページ > 暮らしの情報 > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康・予防 > 予防接種のお知らせ

予防接種のお知らせ

更新日:2024年4月1日

令和6年度予防接種に関するお知らせ

新型コロナウイルスワクチンについて

令和6年4月1日以降、新型コロナワクチンは予防接種法上、現在の「特例臨時接種」から季節性インフルエンザと同様の「B類疾病の定期接種」として位置づけられ、接種は有料となります。

対象者

(1)65歳以上の方
(2)60歳から64歳で対象となる方
(注釈)心臓、腎臓又は呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

接種時期・回数・使用ワクチン

秋冬に1回を予定、ワクチンについては現段階で未定です。

費用

自己負担あり。
(注釈)負担額については検討段階です。

予診票について

令和5年度までに送付した接種券、予診票はお使いになれません。
接種時期が近づきましたら、取り扱いについてお知らせいたします。

その他

  • デジタル庁が運用している「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」は、令和6年3月31日(日曜日)で利用停止となります。
    令和5年度までの接種証明書が必要な場合は、4月以降は書面のみでの交付となります。交付申請先は、気仙沼市健康増進課となります。
  • 令和3年3月から運用している気仙沼市コールセンターは、令和6年3月22日(金曜日)で閉鎖いたしました。
    3月25日(月曜日)以降の新型コロナウイルスワクチン接種に関する問い合わせ先は、気仙沼市健康増進課(0226-21-1212)となります。
  • 64歳以下の方の接種については任意接種となりますが、接種可能なワクチンや医療機関、費用について未定です。

高齢者肺炎球菌予防接種について

70歳から100歳までの5歳刻みの方を対象とするのは、国が定めた経過措置であり、この措置は現時点で令和5年度(令和6年3月31日)で終了となりました。
そのため、令和6年度(令和6年4月1日)から定期予防接種の対象者が次のとおり変わります。

対象者

接種日時点で気仙沼市に住民登録があり、過去に自費(任意接種)を含め23価肺炎球菌ワクチンを一度も受けたことがない方で、下記に該当する方。

(1)65歳の方
(2)60歳以上65歳未満の方であって、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいのある方(上記障がい名の身体障害者手帳1級相当の方)

予診票について

65歳の誕生日を迎えた翌月中旬に、対象者のかたに個別送付します。

五種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ・ヒブ感染症)ワクチンについて

これまで四種混合(DPT-IPV:ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)とヒブ感染症(Hib)の2種類を接種していましたが、令和6年4月1日から五種混合(DPT-IPV-Hib)1種類が基本となります。

  • 令和6年4月1日時点で「四種混合」または「ヒブ」いずれかを1回でも接種している場合は、後の接種も「四種混合」と「ヒブ」で接種を完了してください。
  • 令和6年4月1日時点で「四種混合」または「ヒブ」どちらも接種したことがない場合は、「五種混合」で接種を開始してください。

小児用肺炎球菌予防接種について

令和6年4月1日以降、使用するワクチンがこれまでのワクチン(13価ワクチン)から新しいワクチン(15価ワクチン)に切り替わります。
すでに13価ワクチンで接種を開始しているかたも,残りの回数を15価ワクチンでの接種が可能です。

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種について

  • ヒトパピローマウイルスワクチン(HPV)の積極的勧奨が令和4年4月1日から再開されました。
  • 令和5年4月1日より,9価ワクチン接種が始まります。
    HPVワクチンは、これまで2価(サーバリックス)、4価(ガーダシル)の2種類でしたが、9価ワクチン(シルガード)が定期接種に使用できるワクチンとして追加されました。

9価ワクチンの接種スケジュール

15歳未満1回目→5か月以上の期間を開けて→2回目終了
15歳以上1回目→2ヶ月経過→2回目→1回目から6ヶ月後→3回目終了

9価ワクチンの接種についてのリーフレット

小学校6年から高校1年生相当の女の子と保護者の方へ
平成9年度生まれから平成18年度生まれの女性へ
キャッチアップ接種は、令和7年3月末で終了となります。接種を希望するかたは、忘れずに受けましょう。

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種の償還払いについて

令和4年5月2日(月曜日)より受け付けています。

対象者

  1. 令和4年4月1日時点で気仙沼市に住民登録があること
  2. 16歳となる日の属する年度の末日までにヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種において3回の接種を完了していないこと
  3. 17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度末日までに日本国内の医療機関で組み換え沈降2価HPVワクチン又は、組換え沈降4価HPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担したこと
  4. 償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッアップ(予防接種法施行令(昭和23年政令第197号)第1条の3第1項の表中ヒトパピローマウイルス感染症の項下欄第2号に該当することにより実施されるヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種をいう。)を受けていないこと

申請時に提出,確認する書類等

  1. 申請書(様式第1号)
  2. 実費を支払った事実、その額及び接種回数を証明できる書類(原本)
  3. 本人以外が申請する場合は委任状
  4. 振込口座が確認できる物

提出場所

宮城県気仙沼市東新城二丁目2-1市民健康管理センター「すこやか」内
気仙沼市保健福祉部健康増進課 電話0226-21-1212

予防接種

予防接種は感染症を予防するために最も有効な方法です。

病気にかかりやすい時期を考慮して決められた時期である、標準年齢内にできるだけ接種を受けましょう。

定期予防接種と任意予防接種

定期予防接種:法律に基づいて市町村が実施する予防接種です。
任意予防接種:定期接種以外の予防接種や定期接種を接種対象年齢外で受ける場合は任意接種となります。

接種方法

標準的な接種年齢になったら、直接医療機関に予約し、接種を受けてください。
接種を受ける前に、母子健康手帳と同時に配布されている予防接種手帳,または「予防接種のお知らせと予診票」などをよく読んでから受けましょう。 

接種場所

予防接種の種類により、接種できる医療機関が違う場合があります。
乳幼児の予防接種につきましては、出生届出時に配布しております「予防接種のお知らせと予診票」の中に医療機関の一覧表がありますのでご参照ください。
15歳以上の予防接種に関する事等、詳しくは市民健康管理センター「すこやか」(電話番号:0226-21-1212)までお問い合わせください。

予防接種のお知らせと予診票

出生届提出時に「予防接種のお知らせと予診票」の冊子をお渡ししております。

持ち物

母子健康手帳、予防接種予診票

各予防接種

定期予防接種

任意予防接種

予防接種の注意点

 新型コロナウイルス感染症の感染を防ぐため、医療機関へ行く前・帰宅後の手洗い、外出時はマスクの着用を行いましょう。

市外で予防接種を受けたい場合

予防接種はお子さんの現住所のある市町村長が行うことになっていますが、特別な事情がある場合に限り、定期予防接種を指定医療機関外においても受けることができます。指定医療機関で接種を受けることができない場合は、事前に接種方法などについてお問い合わせください。

宮城県内の医療機関で受ける場合

「宮城県広域化予防接種事業」に登録している医療機関で定期予防接種を受けることができます。
医療機関に予約の上、気仙沼市がお渡ししている予診票を使用し受けてください。
定期予防接種のうち、BCGは対象となりません。
宮城県広域化予防接種事業(宮城県公式ウェブサイト)(外部サイトにリンクします)    

宮城県外で予防接種を受ける場合(宮城県内でBCGを接種する場合も含む)

市が実施する予防接種は、市が指定する医療機関で受けることになっていますが、市では、やむを得ない事情により指定する医療機関以外の医療機関で、自己負担で予防接種を受けた場合に接種費用の一部または、全部を助成する制度を設けています。

●償還払い(払い戻し)の対象となる方
次の1から3の要件を全て満たし、償還払いを希望する方が対象となります。
  1. 予防接種を受けた時点で気仙沼市内に住所を有する方
  2. 子供または高齢者の定期予防接種を受けた方
  3. 市から「予防接種実施依頼書」の交付を受けている方
●注意事項
・国外での予防接種は対象となりません
・おたふくかぜは定期予防接種の対象ではありません

手続きから振り込みまで
1.予防接種を受ける前に、本市から実施医療機関(または実施医療機関所在地の市町村長)に実施依頼するための「予防接種実施依頼書」の交付が必要となります。
事前に「予防接種実施依頼書交付申請書」(様式1)を気仙沼市民健康管理センター「すこやか」に申請してください。

2.次の書類をそろえ、接種を受ける医療機関に提出し、接種を受けます。
 ・本市から交付された「予防接種実施依頼書」
 ・予診票(乳幼児については、出生時に交付された予診票を使用してください。)

3.予防接種費用の全額を医療機関に支払い、接種を受けます。

4.「予防接種費償還払申請書」(様式3)と次の書類をそろえ、気仙沼市民健康管理センター「すこやか」へ提出します。
・実施医療機関が発行した予防接種費用に係る領収書
・実施医療機関が発行した予防接種済証、実施医療機関において予防接種名及び接種日の記載のある母子健康手帳の写し、または予診票の 写しのうちいずれか一つ
・振込先の金融機関の通帳の写し

5.予防接種費償還払いの適否が通知されます。適当と決定した場合、費用は指定した金融機関の口座に振り込まれます。
償還払いの申請期間は予防接種を受けた日から1年以内となりますので、ご注意ください。
予防接種の種類ごとの償還払上限額は以下のファイルを参照願います。
予防接種費用償還払いを受ける手順償還払いの額

長期療養を必要とする疾病により、対象年齢内に定期接種が受けられなかった場合

  1. 長期療養を必要とする重篤な疾病にかかったこと等により、やむを得ず対象年齢内に定期予防接種が受けられなかった方への接種の機会が特例措置として確保されました。

  2. 対象の方は、予防接種法に基づく対象年齢外であっても、医師が接種可能と判断してから2年間(高齢者肺炎球菌については1年間)は、接種できなかった予防接種を定期予防接種として受けることができます。(予防接種の種類によっては上限年齢有)

  3. 特例措置に該当すると思われる方は、必ず事前に主治医とご相談の上、気仙沼市民健康管理センター「すこやか」まで、ご連絡ください。

対象者・対象期間

日本脳炎予防接種の特例対象者

平成17年5月から平成22年3月までの積極的な勧奨の差し控えにより、接種回数が不十分となっているおそれがある方のため、「特例対象者」として、接種を受けられる機会が設けられています。

対象となる方は、母子健康手帳で接種状況をご確認の上、接種を受けてください。

  • 平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた20歳未満の方
  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日に生まれた方
    日本脳炎予防接種
AbobeReaderのダウンロードページへのバナー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

保健福祉部 健康増進課 健康予防係
電話番号:0226-21-1212

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?