コンテンツにジャンプ

トップページ > 企業・入札情報 > 事業者・企業支援 > 事業者支援制度 > (期限8月31日)県の休業要請に伴う感染症拡大防止協力金

(期限8月31日)県の休業要請に伴う感染症拡大防止協力金

更新日:2020年8月13日

国の緊急事態宣言を受け,宮城県は4月22日,緊急事態措置として,県内の特定業種を対象に,休業または時間短縮営業の要請・協力依頼を行いました。その要請に全面的に応じていただいた事業者の皆様を対象に,協力金をお支払いします。対象となる事業者の皆様は,申請ください。

申請受付期間

令和2年5月12日(火曜日)から8月31日(月曜日)まで

申請先<郵送にて受付>

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,郵送にて申請を受け付けます。
不明点はお気軽にお電話ください。

気仙沼市産業戦略課商工労働係 電話:0226-22-3436

〒988-8501 
気仙沼市八日町一丁目1番1号
気仙沼市産業戦略課商工労働係  
「感染症拡大防止協力金」担当宛  

申請書類

制度の概要,様式の書き方がまとまったマニュアルはこちら(PDF:1.56MB)


(1)申請書 (2)休業要請等に協力した施設の情報(PDF(346KB)/EXCEL(31KB)) 
   記入見本(PDF:457KB)
(3)誓約書(PDF(275KB)/WORD(21KB))
   記入見本(PDF:346KB)
(4)本人確認書類(いずれか1点の写し)
   運転免許証,健康保険証,マイナンバーカード,パスポート
(5)営業実態を示す書類(いずれか1点の写し)
   営業許可証(許可が必要な事業を営む場合必須),確定申告書の控え
    ▼新規創業などにより上記のものがない場合:法人設立届出書,開業届,設立届等
(6)休業・時間短縮したことを示す書類(いずれか1点)
   休業等をお知らせするチラシ,ポスター,新聞広告,インターネット上の告知等
    ▼これらのものがない場合は,店頭に掲示した貼り紙の写真でも可
(7)通常の営業時間がわかる書類(時短営業に協力いただいた方のみ/いずれか1点)
  ・店のチラシ,パンフレット,ホームページの画像
  ・新聞や電話帳に載せた広告
  ・飲食店・宿泊所の検索サイトの自店舗紹介ページの画像
   ▼(6)の資料で分かれば兼ねても可
(8)口座番号確認書類(いずれか1点の写し)
  ・通帳の表紙と,1ページから2ページ目
  ・インターネットバンキングは口座番号等の記載ページ
   ▼申請する法人・個人事業主名義の口座で,銀行名・支店名・口座番号・名義人が確認できるもの

申請書配布場所

印刷した申請書は下記の場所で配布しています。

 
気仙沼市役所(ワンテン庁舎1階産業戦略課・本庁舎1階受付窓口),唐桑・本吉総合支所,階上・大島出張所,気仙沼商工会議所,本吉唐桑商工会,気仙沼信用金庫本店・各支店,気仙沼観光コンベンション協会 

参考)休業・時間短縮営業の要請・協力依頼先

(1)時間短縮営業【対象:飲食店(休業要請対象となっているバー,スナック等のぞく)】

午前5時から午後8時の時間帯を越えて営業を行っていた店舗が,左記時間内に営業時間を短縮(酒類提供は19時00分までに)した場合,協力金の支給対象になります。

協力金の支給対象となる例)

・もともと11時00分から23時00分で営業を行っていたが,営業時間を11時00分から20時00分,お酒の提供は19時00分までにした  
・もともと11時00分から20時00分で営業を行っていたが,営業時間は変えず,お酒の提供だけ19時00分までに早めた  
・もともと17時00分から24時00分で営業を行っていたが,完全に休業した

協力金の支給対象とならない例)

・もともと5時00分から20時00分(酒類提供は19時00分まで)の間で営業している
   →完全に休業しても対象にはなりません
・もともと17時00分から24時00分までの営業だが,5月2日から6日のみ,20時00分閉店とした
   →要請期間中全日の休業が支給条件です

(2)休業(施設の利用停止)【対象:下記の業種】

大分類 該当例
遊興施設等 スナック,バー,カラオケボックス,ネットカフェ等
学習塾等 英会話教室,自動車教習所,音楽・そろばん・いけばな等の各教室
文教施設 幼稚園,小中高校,特別支援学校等
運動・遊戯施設

体育館,水泳場,ボウリング場,パチンコ店,ゲームセンター等
注)屋外型のゴルフ・バッティング練習場などは対象外です

劇場等  劇場,映画館
集会・展示施設 集会場,多目的ホール等 
注)神社,寺院,教会は対象外です
博物館・ホテル等  図書館,美術館,記念館,ホテル,旅館,民宿
 注)ホテル・旅館・民宿の休業の考え方について
 行楽目的のお客様の利用と集会用の施設(宴会場など)の利用を停止していただく必要があります。
ビジネス客や工事関係者の宿泊は継続していて問題ありません。
商業施設 ペットショップ,ペット美容室,古本屋,DVD/ビデオ販売・レンタルショップ,アウトドア・スポーツ用品店,旅行代理店,土産物店,ネイルサロン,フォトスタジオ,写真屋等

 

 

このページに関する問い合わせ先

産業部 産業戦略課 商工労働係
電話番号:0226-22-3436

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?