コンテンツにジャンプ

トップページ > 企業・入札情報 > 事業者・企業支援 > 事業者支援制度 > 【飲食店】緊急事態措置等適用に伴う休業・時短営業要請と協力金について

【飲食店】緊急事態措置等適用に伴う休業・時短営業要請と協力金について

更新日:2021年9月17日

<新着情報>
9月17日から,協力金の申請受付を開始します。(更新日:9月16日)

9月6日から,「8月20日午後8時から8月27日午前0時まで」要請分について,協力金を支給するための先行申請受付を開始します。(更新日:9月3日)

協力金の申請受付について

9月6日から,「8月20日午後8時から8月27日午前0時まで」要請分の先行申請受付をしておりましたが,「8月27日午前0時から9月13日午前5時まで」要請分の要請期間が終了したことから,同要請期間を含めた申請受付を開始いたします。

申請の対象となる要請期間

(1) 令和3年8月20日(金曜日)午後8時から8月27日(金曜日)午前0時まで(以下,「第3期」といいます。)
(2) 令和3年8月27日(金曜日)午前0時から9月13日(月曜日)午前5時まで(以下,「第4期」といいます。)

申請受付期間

令和3年9月17日(金曜日)から11月30日(火曜日)

申請先

〒988-8501
気仙沼市八日町一丁目1番1号
気仙沼市産業戦略課商工労働係
「感染症拡大防止協力金」担当あて

 申請方法

申請に必要な書類をすべてご準備のうえ,郵送または持参により提出してください。
申請の方法は,『簡易申請』と『通常申請』の2種類があります。
申請の手引き」を必ず確認ください

簡易申請

全ての申請店舗において1店舗の1日当たりの売上高(消費税・地方消費税を除く)が次の額の方は簡易申請を選択できます。(大企業の方は選択できません。)
(1) 第3期:83,333円以下
(2) 第4期:100,000円以下

簡易申請の目安
(1) 第3期
  • 2019年又は2020年の8月の売上高が2,583,323円(税抜き)以下
  • 2019年又は2020年の8月20日から8月26日までの売上高の合計が583,331円(税抜き)以下
(2) 第4期
  • 2019年又は2020年の9月の売上高が3,000,000円(税抜き)以下
  • 2019年又は2020年の8月と9月の売上高の合計が6,100,000円(税抜き)以下
  • 2019年又は2020年の8月27日から9月12日までの1店舗の売上高の合計が1,700,000円(税抜き)以下
簡易申請の特徴
  • 確定申告書,売上台帳等の提出が不要となります。
  • 1店舗当たりの支給額
    (1) 第3期:175,000円(協力金単価の下限25,000円/日での支給となります。)
    (2) 第4期:680,000円(協力金単価の下限40,000円/日での支給となります。)

通常申請

1日当たりの売上高(消費税・地方消費税を除く)が次の額を超える店舗がある場合,通常申請により申請をすることができます。
(1) 第3期:83,333円超
(2) 第4期:100,000円超

通常申請の目安
(1) 第3期
  • 2019年又は2020年8月の1店舗の売上高が2,583,323円(税抜き)を超える
  • 2019年又は2020年8月20から8月26日までの1店舗の売上高の合計が583,331円(税抜き)を超える
(2) 第4期
  • 2019年又は2020年の9月の売上高が3,000,000円(税抜き)を超える
  • 2019年又は2020年の8月と9月の売上高の合計が6,100,000円(税抜き)を超える
  • 2019年又は2020年の8月27日から9月12日までの1店舗の売上高の合計が1,700,000円(税抜き)を超える
通常申請の特徴
  • 売上高情報シートの作成・提出が必要となります。
  • 確定申告書,売上台帳等の提出が必要となります。(消費税,地方消費税は除いて計算する必要があります。)
  • 1店舗当たりの支給額
    (1) 第3期:175,000~1,400,000円(売上高により変動)(大企業の場合は 0~1,400,000円となります。)
    (2) 第4期:680,000~3,400,000円(売上高により変動)(大企業の場合は 0~3,400,000円となります。)

申請に必要な書類

制度の概要,様式の書き方や協力金の計算方法などをまとめたものはこちら「申請の手引き

簡易申請に必要な書類

<第3期・第4期共通>
(1) 申請書兼請求書(WORD/PDF
(2) 時間短縮営業の施設の情報(WORD/PDF
(3) 飲食店営業許可証の写し
  • 申請店舗分全て
(4) 店舗の外観または内観写真
  • 店舗名,営業していることが確認できるもの
(5) 営業時間短縮等の実施状況がわかるもの
第3期:午前5時から午後8時までの営業時間短縮,酒類の提供は午前11時から午後7時まで
第4期:A:酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店は,休業若しくは酒類又はカラオケ設備を提供せずに午前5時から午後8時までの営業時間短縮
B:A以外の飲食店は,午前5時から午後8時までの営業時間短縮

(営業時間短縮等の状況と通常の営業時間がわかるものが必要です)

  • 営業時間短縮等の状況がわかるもの(いずれか1点)
    短縮等をお知らせする店頭への貼り紙の写真,チラシ・ポスター・新聞広告,インターネット上の告知の画像など
  • 通常の営業時間等がわかるもの(いずれか1点)
    店のチラシ,パンフレット,ホームページの画像,新聞や電話帳に掲載した広告,飲食店のまとめサイトなどの掲載ページの画像など
(6) 宮城県の「新型コロナ対策実施中ポスター」(「選ぶ!選ばれる!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店については,認証店のステッカー)を掲示している様子がわかる写真
(7) 申請者(法人の場合は代表者)の本人確認書類の写し(いずれか1点の写し)
  • 運転免許証,マイナンバーカード(表面),パスポート,健康保険証
(8) 口座番号確認書類(いずれか1点の写し)
  • 通帳の表紙と開いた1から2ページ目
  • インターネットバンキングをご利用の場合は,口座番号等情報が記載されているページを印刷したもの

(申請する法人・個人事業主名義の口座で,銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人名・口座名義人名フリガナが確認できるものを添付してください。)

<第3期で使用する様式等>
(9) 【複数店舗での申請の場合】店舗ごとの申請額一覧(8/20~8/26分)(WORD/PDF
<第4期で使用する様式等>
(9) 【複数店舗での申請の場合】店舗ごとの申請額一覧(8/27~9/12分)(WORD/PDF
(10)  酒類・カラオケ設備を提供していることが分かるもの
  • メニュー表の写しや店内掲示物の写真など

通常申請に必要な書類

<第3期・第4期共通>
(1) 申請書兼請求書(WORD/PDF
(2) 時間短縮営業の施設の情報(WORD/PDF
(3) 【個人】2019年又は2020年の確定申告書B(第一表・第二表)及び所得税青色申告決算書(両面)の写し
【法人】2019年又は2020年の確定申告書別表一及び法人事業概況説明書の写し
(4) 【複数店舗・事業を行っている場合】店舗ごとの2019年又は2020年の月別売上高が分かる書類(売上台帳等)
(5) 【売上高減少額方式で基準額を計算した店舗】店舗ごとの2021年の売上高が分かる書類(売上台帳等)
(6) 飲食店営業許可証の写し
  • 申請店舗分全て
(7) 店舗の外観または内観写真
  • 店舗名,営業していることが確認できるもの
(8)  営業時間短縮等の実施状況がわかるもの
第3期:午前5時から午後8時までの営業時間短縮,酒類の提供は午前11時から午後7時まで
第4期:A:酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店は,休業若しくは酒類又はカラオケ設備を提供せずに午前5時から午後8時までの営業時間短縮
    B:A以外の飲食店は,午前5時から午後8時までの営業時間短縮

(営業時間短縮等の状況と通常の営業時間がわかるものが必要です)

  • 営業時間短縮等の状況がわかるもの(いずれか1点)
     短縮等をお知らせする店頭への貼り紙の写真,チラシ・ポスター・新聞広告,インターネット上の告知の画像など
  • 通常の営業時間がわかるもの(いずれか1点)
    店のチラシ,パンフレット,ホームページの画像,新聞や電話帳に掲載した広告,飲食店のまとめサイトなどの掲載ページの画像など
(9) 宮城県の「新型コロナ対策実施中ポスター」(「選ぶ!選ばれる!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店については,認証店のステッカー)を掲示している様子がわかる写真
(10) 申請者(法人の場合は代表者)の本人確認書類の写し(いずれか1点の写し)
  • 運転免許証,マイナンバーカード,パスポート,健康保険証
(11) 口座番号確認書類(いずれか1点の写し)
  • 通帳の表紙と開いた1から2ページ目
  • インターネットバンキングをご利用の場合は,口座番号等情報が記載されているページを印刷したもの

(申請する法人・個人事業主名義の口座で,銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人名・口座名義人名フリガナが確認できるものを添付してください。)

<第3期で使用する様式等>
(12) 売上高情報シート(8/20~8/26分)
  • 売上高方式(別紙3-1 WORD/PDF)(別紙3-2新規開業特例用 WORD/PDF)(別紙3-3新型コロナ・災害等特例用 WORD/PDF
  • 売上高減少額方式(別紙4-1 WORD/PDF)(別紙4-2新規開業特例用 WORD/PDF)(別紙4-3新型コロナ・災害等特例用 WORD/PDF
(13) 【複数店舗での申請の場合】店舗ごとの申請額一覧(8/20~8/26分)(WORD/PDF
<第4期で使用する様式等>
(12) 売上高情報シート(8/27~9/12分)
  • 売上高方式(別紙3-1 WORD/PDF)(別紙3-2新規開業特例用 WORD/PDF)(別紙3-3新型コロナ・災害等特例用 WORD/PDF
  • 売上高減少額方式(別紙4-1 WORD/PDF)(別紙4-2新規開業特例用 WORD/PDF)(別紙4-3新型コロナ・災害等特例用 WORD/PDF
(13) 【複数店舗での申請の場合】店舗ごとの申請額一覧(8/27~9/12分)(WORD/PDF
(14) 酒類・カラオケ設備を提供していることが分かるもの
  • メニュー表の写しや店内掲示物の写真など

 

時間短縮営業等要請について

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため,国が宮城県に対してまん延防止等重点措置を適用したことを受けて,8月20日から県は県内(仙台市以外)の飲食店に夜8時までとする時間短縮(時短)営業要請を出しておりましたが,宮城県が緊急事態措置区域に追加されたことを受け,8月27日からは要請内容を拡大し,酒類・カラオケ設備の提供が終日停止となり,1,000平方メートル超の大規模施設等に対しては,夜8時までとする時短営業要請が出されましたので御協力をお願いいたします。
全面的に御協力いただいた方には協力金をお支払いします。

要請内容

1.要請期間:8月20日午後8時から8月27日午前0時まで

  • 午前5時から午後8時までの時間短縮営業
  • 酒類の提供は午前11時から午後7時まで

2.要請期間:8月27日午前0時から9月13日午前5時まで

(1) 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店

  • 休業(酒類・カラオケ設備の提供を取り止めた場合は短縮営業も可能です)

(2)その他の飲食店

  • 午前5時から午後8時までの時間短縮営業

対象者

1.要請期間:8月20日午後8時から8月27日午前0時まで

  • 食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている飲食店を運営する事業者

2.要請期間:8月27日午前0時から9月13日午前5時まで 

  • 食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている以下の飲食店を運営する事業者
A:酒類・カラオケ設備を提供する飲食店
B:A以外の飲食店

協力金の支給となる要件

1.要請期間:8月20日午後8時から8月27日午前0時まで

(1) 令和3年8月19日(木曜日)以前から開業していること

(2) 通常,午後8時から午前5時までの時間帯を含む営業を行っていること

(3) 対象期間を通じて,時短営業の要請に全面的に御協力いただくこと

  • 全面的とは,対象期間ごとに1日も欠かさず時短営業を行っていただくことを指します
  • 市内で複数の対象施設を運営している場合は,全ての対象施設において時間短縮営業に御協力いただくことが必要です。1つでも要請に御協力いただけない施設がある場合は,協力金の支給はできなくなりますので,市内の全ての対象施設での時間短縮営業に御協力をお願いします。
  • 利用者の方へ時短営業をお知らせする店頭への貼り紙の写真,チラシ,新聞広告やインターネット上の告知のSNSの写しなど,時短営業をしたことが確認できる資料等が必要となります。
    店頭への貼り紙の参考様式はこちらをご活用ください。
     ア.要請期間:8月20日午後8時から8月27日午前0時まで時短実施看板(WORD:21.9KB)/時短実施看板(PDF:365KB)
     イ.要請期間:8月27日午前0時から9月13日午前5時まで時短実施看板(WORD)/時短実施看板(PDF)

(4)宮城県の「新型コロナ対策実施中ポスター」を取得し,店舗に掲示していること

  • 「選ぶ!選ばれる!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店については,認証店のステッカーでも代用可能です。
  • ポスターは取得次第,掲示をお願いします。(協力金の申請前には掲示している必要があります)。
  • ポスターの取得方法は以下の2通りです。
ア.インターネットで申請する

宮城県ホームページ内にある「申し込みフォーム」からお申込みください。

イ.郵送で申請する

お手元に申請書が無い場合は,下記の問い合わせ先までお問い合わせください。

2.要請期間:8月27日午前0時から9月13日午前5時まで

(1) 令和3年8月26日(木曜日)以前から開業していること

(2) 通常の営業形態により,下表のとおりとなります。

  通常の営業時間 要請期間中の営業時間等 協力金対象
A 酒類・カラオケ設備を提供する飲食店 午後8時から午前5時までの時間帯を含む営業 休業
酒類・カラオケ設備を提供せず
午前5時から午後8時までの時短営業
午前5時から午後8時までの間の営業 休業
酒類・カラオケ設備を提供せず
午前5時から午後8時までの間の営業
×
B A以外の飲食店 午後8時から午前5時までの時間帯を含む営業 休業
午前5時から午後8時までの時短営業
午前5時から午後8時までの間の営業 休業 ×
午前5時から午後8時まで間の営業 ×

(3) 対象期間を通じて,休業又は時短営業の要請に全面的に御協力いただくこと

  • 全面的とは,対象期間ごとに1日も欠かさず休業又は時短営業を行っていただくことを指します
  • 市内で複数の対象施設を運営している場合は,全ての対象施設において休業又は時短営業に御協力いただくことが必要です。1つでも要請に御協力いただけない施設がある場合は,協力金の支給はできなくなりますので,市内の全ての対象施設での休業又は時短営業に御協力をお願いします。

(4)宮城県の「新型コロナ対策実施中ポスター」を取得し,店舗に掲示していること

  • 「選ぶ!選ばれる!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店については,認証店のステッカーでも代用可能です。
  • ポスターは取得次第,掲示をお願いします。(協力金の申請前には掲示している必要があります)。
  • ポスターの取得方法は以下の2通りです。

申請方法等は,上に記載している内容を参照ください。

協力金について

支給金額は,各対象施設の前年度または前々年度の1日当たりの売上高によって異なります。
市内で複数の対象施設を運営している方は,施設ごとの売上高を算出していただく必要があります。

  1. 支給額は店舗ごとに求めた協力金の額の合計となります。

    支給額=店舗ごとの協力金の額の合計

  2. 店舗ごとの協力金の額は次のとおり算出します。

    店舗ごとの協力金の額=協力金単価×要請日数

協力金単価

1.要請期間:8月20日午後8時から8月27日午前0時まで

  前年度又は前々年度の1日当たりの売上高
~83,333円 83,334~250,000円 250,001円~
中小企業者  A売上高方式 2.5万円/日 2.5~7.5万円/日
(1日の売上高の3割)
7.5万円/日
B売上高減少額方式 売上高減少額×0.4/日
(前年度又は前々年度の売上高の3割又は20万円の低い方が上限)
大企業 売上高減少額方式 売上高減少額×0.4/日
(前年度又は前々年度の売上高の3割又は20万円の低い方が上限)

2.要請期間:8月27日午前0から9月13日午前5時まで

  前年度又は前々年度の1日当たりの売上高
~100,000円 100,001~250,000円 250,001円~
中小企業者  A売上高方式 4万円/日 4~10万円/日
(1日の売上高の4割)
10万円/日
B売上高減少額方式 売上高減少額×0.4/日
(上限20万円)
大企業 売上高減少額方式 売上高減少額×0.4/日
(上限20万円)
  • 算定方法等については,後日お知らせします。
  • 要請期間が短縮された場合には,短縮された日数に応じて支給額も変更されます。
  • 1日でも夜8時以降に営業した場合は,対象外(協力金を受け取れない)となります。市内で二つ以上の施設を運営している場合は,全ての対象施設で御協力いただくことで,施設ごとに協力金を受け取れます。

詳細情報

時短営業要請等に関する詳しい情報は,下記ページを御覧ください。
宮城県 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について【令和3年8月20日(金曜日)午後8時から令和3年8月27日(金曜日)午前0時まで(外部サイトにリンクします)
宮城県 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店】について【令和3年8月27日(金曜日)午前0時から令和3年9月13日(月曜日)午前5時まで(外部サイトにリンクします)

このページに関する問い合わせ先

産業部 産業戦略課 商工労働係
電話番号:0226-22-3436

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?