コンテンツにジャンプ

トップページ > 震災復興 > 被災者向け情報 > 住宅再建 > がけ地近接等危険住宅移転事業の受付について

がけ地近接等危険住宅移転事業の受付について

更新日:2020年5月27日

気仙沼市災害危険区域に関する条例による区域指定(平成24年7月9日告示)に伴い、がけ地近接等危険住宅移転事業の受付を平成24年7月10日より開始しております。

事業概要

災害危険区域内に居住している方及び東日本大震災時に居住していた方の任意移転に対し、住宅再建に係る資金を借り入れた場合の利子相当額等について補助を行うものです。

補助要件

次の要件を満たす場合が対象となります。

  1. 住宅再建に係る契約や工事等に未着手であること。
    注:すでに完成・着工済みである場合は事業対象となりません。
  2. 災害危険区域内に住宅があること。(借家も可)
    注:3月11日の被災時に区域内の住宅に住まいされ、現在避難生活を送られている方も対象となります。
  3. 災害危険区域外の安全な場所に移転できること。

補助概要

災害危険区域内の住宅の除却や引っ越しに要する費用と、住宅等の購入や建設に要する資金を金融機関から借り入れた場合の当該借入金利子に相当する費用について、下記に示す限度額の範囲内で補助を受けることができます。

 

消費税率8%が適用となる工事にかかる借入金利子相当額等の場合

  1. 除却等費 限度額 80万2千円/戸
    危険住宅の除却などに要する費用、移転費、仮住居費、跡地整備費が対象となります。
  2. 建設助成費(限度額合計 722万7千円/戸)
    A.建物取得への利子補給 限度額 457万円/戸
    B.土地取得への利子補給 限度額 206万円/戸
    C.敷地造成への利子補給 限度額 59万7千円/戸

消費税率10%が適用となる工事にかかる借入金利子相当額等の場合

  1. 除却等費 限度額97万5千円/戸
    危険住宅の除却などに要する費用、移転費、仮住居費、跡地整備費が対象となります。
  2. 建設助成費(限度額合計731万8千円)
    A.建物取得への利子補給 限度額465万円/戸
    B.土地取得への利子補給 限度額206万円/戸
    C.敷地造成への利子補給 限度額60万8千円/戸

消費税率引き上げに伴い、国の制度改正を受け補助上限額を上記のとおり改正しています。

申込受付

  • 受付窓口 気仙沼市建設部住宅課(東分庁舎) 
  • 受付期間 平成24年7月10日(火曜日)から
  • 受付時間 9時から17時まで

注:利用条件等については事前に住宅課に確認をお願いします。

問い合わせ先

  • 建設部住宅課住宅支援係 電話番号:0226-22-6600(内線589・593)
注:がけ地近接等危険住宅移転事業の詳しい利用手順や申請様式については、下部の関連ファイルをご参考ください。
AbobeReaderのダウンロードページへのバナー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

住宅課住宅支援係
電話番号:0226-22-6600
内線589・593

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?