コンテンツにジャンプ

トップページ > 市の紹介・市政情報 > 計画・施策 > 情報政策 > 情報通信基盤災害復旧事業費補助金事業の事後評価について(気仙沼・唐桑地域)

情報通信基盤災害復旧事業費補助金事業の事後評価について(気仙沼・唐桑地域)

更新日:2019年08年30日

情報通信基盤災害復旧事業費補助金事業とは

 東日本大震災により被災した地域の地方公共団体が実施する情報通信基盤(ブロードバンドサービス施設,ケーブルテレビ等)の復旧事業を支援することを目的として,特定被災地方公共団体に対して,その復旧事業費の一部を総務省が補助して実施する事業です。

事後評価について

情報通信基盤災害復旧事業費補助金交付要綱第8条に基づき,整備事業が完了した年度の5年後に,整備計画の達成状況などについて事後評価を行い,これを公表することとなっています。よって,事業計画の達成状況などについて公表するものです。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

情報政策課 情報政策係
電話番号:0226-23-3980

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?