コンテンツにジャンプ

トップページ > Q4.子供が話し始めたら

Q4.子供が話し始めたら

更新日:2021年12月17日

相談内容

学校を休んでいる子供が,学校に通っていた頃の友達とのトラブルを話し始めました。私は友達関係で悩んでいたのだと思い,いろいろアドバイスをしたところ,話すのをやめて部屋にこもってしまいました。自分の経験が参考になればと教えたつもりでしたが,いったい何がよくなかったのでしょうか。

アドバイス

お子さんは少しずつ気持ちの安定を取り戻し,きっかけとなった出来事を話してくれたのですね。親としてはそのような子どもの変化がとてもうれしいので,ついついアドバイスをしてしまいます。しかし,お父さんやお母さんにも,ただ聴いてほしいときに,話の途中で自分の態度などを指摘され,話すのをやめてしまった経験はありませんか?きっとお子さんも,ただ話したかっただけなのでしょう。励ましたりアドバイスしたりするのではなく,「そうだったの」とじっくり話を聴いてあげてください。話の中につらさや怒りの感情が表れたならば,「大変だったね」「気づいてあげられずつらい思いをさせたね」と言葉をかけてあげるとよいでしょう。お子さんとのかかわり方でお困りの際は,サポートセンターまでご連絡ください。

このページに関する問い合わせ先

気仙沼市教育サポートセンター
電話番号:0226-24-0766

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?