コンテンツにジャンプ

トップページ > Q8.進学が心配

Q8.進学が心配

更新日:2021年12月24日

相談内容

中学2年男子の親です。息子が学校に行かなくなってしばらく経ちます。息子は高校へは行きたいと言っていますが,具体的な話になると急に不機嫌になり,部屋に閉じこもってしまいます。もちろん担任の先生との進路相談はできず,進路希望調書が届いたときは私まで憂鬱になってしまいました。このままでいいのでしょうか?どこにも進学しないということは何とか避けたいと思っています。

アドバイス

この時期は不登校の全過程の中で,子どもが最も固く心を閉ざし,外からの援助を拒み,激しく苛立ち反抗する時期です。親に望まれる対応は,お子さんの情緒を,家庭の中でいかに安定させてやるかということです。登校不安やこだわりを軽減するためには,居場所をつくってやることが望ましい対応となります。それはスマホやゲームに熱中するとか漫画を読みふける,アニメのキャラクターやイラストを描くなど,いずれも対人関係を必要としない趣味の中にある場合が多いようです。こうした趣味に没頭している状態は,たとえ家族には不健康に見え,不自然な生活であったとしても,自分なりの居場所が持てているということです。そのような仮の適応状態を,お母さんが崩すことがないように配慮してください。
進路の問題について,ご家族が心配でたまらないのはよくわかりますが,本人が進路決定の話に耐えられる状態かどうかをしっかり判断しながら進めることが大切です。学校の先生とは十分に話し合い,進路を決定していく手順については,常にお子さん本人の了承を得るようにしてください。

このページに関する問い合わせ先

気仙沼市教育サポートセンター
電話番号:0226-24-0766

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?