コンテンツにジャンプ

トップページ > Q9.「慢性疲労症候群」で悩んでいます

Q9.「慢性疲労症候群」で悩んでいます

更新日:2022年1月17日

相談内容

中学生のわが子のことです。5月の連休後あたりから学校を休むようになり,7か月経ちました。病院からは「慢性疲労症候群」と診断されています。夜は眠れず遅くまで起きていて,朝は起きてきません。通院し始めの頃は本人もちゃんと診察を受けていたのですが,最近は「起きられない」とか「頭が痛い」と言って病院に行こうとしないので,私一人が病院に行って担当の先生に状態を報告するだけになっています。病院からは薬をもらって様子を見るよう指導を受けていますが,もう5か月経つのに一向に改善しません。このまま様子を見ることでいいのでしょうか?

アドバイス

今後の進路のこともあってさぞお困りのことと思います。「慢性疲労症候群」は当初は成人対象の疾患名であり,原因がはっきりせず治療法も確立していないのが実際です。子ども世代にはこの疾患名はあまり見られません。「起床できない,頭痛がする状態」を内科の先生が身体の病気として診察されたのでしょうが,お子さんの場合は大変長期間,症状が続いております。通常,2~3週間で身体状況の変化が見られない時には心身医学的に診ていただくことをお勧めします。
当サポートセンターの相談では,「起床できないとか頭痛がするから学校に行けない」のではなく,「学校に行けないために起きられないとか頭痛が発現する」事例がほとんどです。

このページに関する問い合わせ先

気仙沼市教育サポートセンター
電話番号:0226-24-0766

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?